マリーナベイサンズ:高さ200mのプールからの絶景を観よう【シンガポール】

マリーナベイ・サンズに泊まってみたいんだけど、インフィニティプールとかその他マリーナベイ・サンズについて詳しく知りたいな…

という方向けに書いています。

 

シンガポールといえば、女子旅で人気の場所であり、このブログでも以前紹介させていただいたのですが、初心者の一人旅でも行きやすい国です。

関連記事:一人旅初心者にオススメの国7選【海外】

 

東南アジアを選択する方のイメージといえば、遺跡や世界遺産、東南アジア特有の顔砂街並みを求めていそうなのですが、そういった方には少し物足りない国かもしれません。

 

ただ、治安も良く清潔感もあり、海外にいるのか日本のどこかの都市にいるのか…という感覚になります。

安心感はハンパない!!

ここでは、シンガポールに訪れた方が必ず目にするであろう「マリーナベイ・サンズ」の全貌を記事にしたいと思います。

 
マリーナベイサンズ:高さ200mのプールからの絶景を観よう【シンガポール】
 
 

f:id:lifeishappy_right:20190705134837j:image

 

マリーナベイ・サンズ:MARINA BAY SANDS

シンガポールのマリーナベイにある総合リゾートホテルで、開業以降シンガポールを代表するアイコンとなっていることは有名です。

 

映画「インデペンデンス・デイ・リサージェンス」で破壊された建物です。

シンガポールと聞いて、まずイメージするのがこのホテルではないですか?

 

57階建ての高層ビル3棟が並んで建っているんですが、屋上は3棟が連結されていて、そこに世界一高い場所にあるインフィニティプールがあります。

インフィニティプールがある「サンズ・スカイパーク」といわれている屋上展望デッキは、東京ドーム約4分の1の広さがあり、プール以外に庭園やジョギング用の道も用意されています。

 

客室は約2,500部屋ほどあり、超巨大ホテルです。

 

マリーナベイ・サンズ:世界一高い場所にあるインフィニティプール

世界一高い場所にある、マリーナベイ・サンズのインフィニティプールは、宿泊客のみに提供されている施設で、マリーナベイ・サンズに宿泊しない限り入場ができないのです。

特別感満載のプールを楽しみましょう。

 

 ◆ インフィニティプール利用の条件

 ◆ インフィニティプール利用時の注意点

 ◆ タオルレンタルについて

 ◆ プール内で軽食・ドリンク

 ◆ オススメの時間帯

 
 
インフィニティプール利用の条件
 

インフィニティプールを利用できるのは、冒頭でもお伝えしましたが、宿泊客のみとなっています。

宿泊客であれば、お部屋のグレード問わず無料で滞在中の利用が何度でも可能です。

 

 

インフィニティプール利用時の注意点
 

必ずお部屋から人数文のカードキーを持参してください。

カードキーがナイト入場できず、お部屋に取りに戻ることになり、とても広いホテルなので時間のロスとなります。

 

また、更衣室はなくお部屋で水着に着替えていく必要があるのですが、くれぐれも水着にバスローブでホテル内をウロチョロすることのないようにしましょう。

念のため…こちら5ツ星ホテルになっております。

 

 

タオルレンタルについて
 

タオルのレンタルは無料であるので、特にお部屋から持参する必要はありません。

 

 

プール内で軽食・ドリンク
 

有料ですが、軽食やドリンクもオーダー可能です。

支払はお部屋番号とサインになっているので、現金を持参する必要はありません。

たくさんのプール利用客がいる状態なので、貴重品を持っていくことは避けましょう。

 

オススメの時間帯
 

日中から夜にかけて、空いている時間はほぼないと思ってください。

早朝であれば、空いていて静かな時間を過ごせます。

早朝のため、プールの水温は冷たいですが、6時ごろから行って朝日を眺めるのもオススメです。

 

マリーナベイ・サンズ:宿泊しなくても利用できる施設

マリーナベイ・サンズは超巨大な総合リゾート施設であり、シンガポールの観光の中心にある施設なので、宿泊客以外の方でも必ず訪れる場所です。

 

 ◆ サンズ・スカイパーク展望デッキ

 ◆ LAVO Italian Restaurant & Rooftop Bar

 ◆ CÉ LA VI RESTAURANT AND SKYBAR

 
 
サンズ・スカイパーク展望デッキ
 

マリーナ湾やシンガポールの美しい街並みをパノラマビューで一望することができます。

入場は有料となっておりますので、公式サイトを確認してください。

 

 営業時間   AM11:00~PM9:00 
料金 大人:S$19.10
65歳以上:S$17
2~12歳:S$14.90

 

公式サイト:サンズ・スカイパーク

 

 

LAVO Italian Restaurant & Rooftop Bar
 

シンガポールの絶景を観ながらイタリアン料理が楽しめます。

また、夜はナイトクラブになります。

 

 営業時間  月~土曜日:AM10:30~AM2:00
日曜日:PM12:00~AM2:00
ランチ:AM10:30~PM5:00
ディナー:PM5:00~AM12:00

 

公式サイト:LAVO Italian Restaurant & Rooftop Bar

 

注意

ディナー予約の場合は、18歳未満の方は保護者の同伴が必要となり、毎週金曜と土曜のPM11:00以降は18歳未満の方は利用できません。

 

CÉ LA VI RESTAURANT AND SKYBAR
 

創作アジア料理をはじめ、特性カクテルなどを楽しむことができる、大人向けのレストランです。

 

 営業時間  月~金曜日:PM4:00~PM10:30
土曜日:PM12:00~PM3:00/PM4:00~PM10:30
日曜日:PM12:00~PM9:00

 

公式サイト:CÉ LA VI

 

マリーナベイ・サンズ:客室

マリーナベイ・サンズの部屋タイプは4つあって、それぞれのグレードでお値段が変わってきます。

私は「プレミア・ガーデンビュー」のお部屋に宿泊しました。一泊当たり6万円ちょっとだったと思います。

プレミア以上のお部屋であれば、浴槽付きのお部屋という事で、さすがにこれ以上のグレードのお部屋に泊まれるほどリッチではないので(笑)

 

マリーナベイ・サンズ:客室タイプ
 
デラックスルーム 30㎡ プレミアルーム 42㎡
クラブルーム 44㎡~ グランドクラブルーム 62㎡
オーキッドスイート 71㎡ サンズスイート 136㎡
ベイスイート 101㎡ ハーバースイート 71㎡
マリーナスイート 139㎡ スカイラインスイート 246㎡
マーライオンスイート 387㎡ ストレイツスイート 330㎡
プレジデンシャルスイート 508㎡ チェアマンスイート 600㎡
 
MEMO

デラックスルーム(格安のお部屋)を選択すると、3棟ある建物の中の第3棟になるのですが、第3棟はツアー客が多く騒がしいとの口コミがありました。

また、デラックスルームとプレミアルームを予約の際は、客室料金に朝食が含まれていないので気をつけてください。

 

お部屋タイプの詳細は公式サイトをご確認ください。

公式サイト:マリーナベイ・サンズ客室

 

マリーナベイ・サンズ:客室眺望
 
低層階 2~9階まで:ハイウェイ側或いはザ・ショップス側
ガーデンビュー 10~39階:ガーデン側
ハーバービュー 40階以上:海側
シティービュー 19~39階:市街側
スカイビュー 40階以上:市街側

 

オススメのぉ部屋タイプは、予算が許すのであれば「クラブルーム」以上を推奨する方が多いです。

 

マリーナベイ・サンズ:食事

クラブルーム以上のお部屋を選択した場合、無料で朝食が付いてきますが、デラックスルームとプレミアルームは、客室料金に朝食が含まれていません。

もちろん、朝食付きプランを選択することで、朝食を付けることは可能ですが、マリーナベイ・サンズ内に朝食を食べられるカフェが多数あるので、カフェで朝食を摂るのもオススメです。

 

個人的にオススメの朝食は、マリーナベイ・サンズ内にある「Toast Box」で、シンガポールの朝食の定番である「カヤトースト」を食べることです。

カヤトーストは色々なカフェで食べることができるので、ぜひ一度試してみてくださいね。

 

マリーナベイ・サンズ内:日本食
 
ラーメン IPPUDO
公式サイト:IPPUDO
創作和食レストラン&寿司バー KOMA Singapore
公式サイト:KOMA Singapore
創作和食レストラン Sen of Japan
公式サイト:Sen of Japan
ミシュラン2つ星和食レストラン WAKU GHIN
公式サイト:WAKU GHIN

 

マリーナベイ・サンズ内のレストランは、どこも総じてお値段高めになっています。

普通の食事がしたい方は、マリーナベイ・サンズから外に行けば、「大戸屋」「吉野屋」「CoCo壱番屋」などもありますので、日本食には全く困りません。

 

 

マリーナベイ・サンズ内:各国料理
 

マリーナベイ・サンズでは、世界各国の料理を楽しむことができる多数のレストランがあります。

イタリア料理をはじめ、中華料理やアジア各国の料理、そして洋食まで、お好みで様々な料理を楽しめると思います。

公式サイト:レストラン | 各国料理 | マリーナベイ・サンズ

 

 

マリーナベイ・サンズ内:フードコート
 

マリーナベイ・サンズ内にあるレストランは、どこも少しお高めですが、「Rasapura Masters(ラサプーラマスターズ)」というフードコートもあり、ここではB級グルメなどリーズナブルな食事が楽しめます。

公式サイト:Rasapura Masters

 

マリーナベイ・サンズ:アクティビティ

マリーナベイ・サンズでは、宿泊客だけではなく宿泊しない旅行者も含めた、シンガポールに訪れた観光客向けに様々なアクティビティを用意しています。

無料で楽しめるものもありますので、ぜひ体験してみてください。

 

 ◆ 『FUTURE WORLD:アートとサイエンスが出会う場所』展

 ◆ デジタルライトキャンパス

 ◆ SPECTRA光と水のシンフォニー

 ◆ サンパンライド

 ◆ ショッピング

 ◆ マリーナベイ・サンズ カジノ

 
 
『FUTURE WORLD:アートとサイエンスが出会う場所』展
 

「ガーデン・シティ」「サンクチュアリ」「公園」「宇宙」のテーマに沿った体験型の展示となっています。

公式サイト:FUTURE WORLD | 展示 | アートサイエンス・ミュージアム

 

 

デジタルライトキャンパス
 

自分の足で床にカリグラフィーアートが描ける不思議な世界が広がっています。

公式サイト:デジタルライトキャンバス | アトラクション | マリーナベイ・サンズ公式

 

 

SPECTRA光と水のシンフォニー
 

イベントプラザで毎晩開催される光と水の優雅なショーです。

一日に何度かあるのですが、時間等の詳細は変更もありますので公式サイトで確認してください。

公式サイト:SPECTRA - 光と水のシンフォニー | マリーナベイ・サンズ公式

 

 

サンパンライド
 

マリーナベイ・サンズ内の運河をサンパンボートに乗って楽しむことができます。

公式サイト:サンパンライド | シンガポールの見どころ & アクティビティ | マリーナベイ・サンズ公式

 

 

ショッピング
 

世界的有名ブランドが軒を連ねていますので、ウィンドウショッピングも楽しめるようになっています。

 

 

マリーナベイ・サンズ カジノ
 

カジノはもちろん各種ゲームも揃った大人の遊び場になっています。

 

マリーナベイ・サンズ:お得な情報

基本的に公式予約が最安値ですが、稀にホテル予約サイトの方が安いこともありますので、比較して予約するようにしましょう。

 

マリーナベイ・サンズでは、公式サイトからの予約に様々な特典が付いています。

 

 ◆ 公式限定予約プラン

 ◆ サンズリワード・ライフスタイル会員

 
 
公式限定予約プラン
 

・最低価格保証

・キャンセル無料(一部宿泊プラン)

・インフィニティプールへの早朝アクセス

公式サイト:公式直接予約がお得な理由 | ホテル | マリーナベイ・サンズ公式

 

 

サンズリワード・ライフスタイル会員
 

マリーナベイ・サンズの会員になると、次回マリーナベイ・サンズ滞在時に利用できるリワードドルが最大6%となる特典を得ることができます。

予約前に会員登録することをオススメします。

公式サイト:サンズリワード・ライフスタイル | 登録手続き | マリーナベイ・サンズ

 

シンガポール・チャンギ国際空港からマリーナベイ・サンズ:アクセス

シンガポール・チャンギ国際空港からマリーナベイ・サンズまでの行き方は3通りあります。

 

 ◆ タクシー(S$25~35)

 ◆ シンガポール・エアポート・シャトル(S$9)

 ◆ MRT(S$2.3)

 

マリーナベイ・サンズ行き方:タクシー

料金  S$25~35(約2,000~3,000円) 
時間 約20~30分
 運行時間  24時間

 

到着ロビーを出たら、「TAXI」の看板がすぐに目に付くところにあり、日本語表記もあるので、特に問題はありません。

 

基本的にタクシーは、どこの国でも24時間営業で深夜料金有だと思いますが、シンガポールでも深夜(0~6時)の間に乗車すると、タクシー料金の50%が深夜料金として加算されます。

そして、ラッシュアワーの時間帯(月~金曜日の6~9時半、月~日曜日の18時~深夜)はピークアワーチャージが25%加算されます。

 

一日のうちの3分の2は何かしらの追加料金がかかる上に、空港から乗車すると別途サーチャージが曜日と時間帯に応じて「S$3」もしくは「S$5」が加算されます。

そのため、シンガポールのタクシーはメーター料金+何かしらのチャージが常にかかると思って乗車したほうが良いと思います。

 

それでも、シンガポールの物価を踏まえて考えると、タクシー料金は安いので使える交通手段だと思います。

 

マリーナベイ・サンズ行き方:シンガポール・エアポート・シャトル

料金  S$9(約720円) 
時間 約25~40分
 運行時間  24時間

 

シンガポール市内のホテルを1時間に3~4本で巡回しているシャトルバスです。

24時間運行なので、深夜着でも問題なくりようでき、尚且つタクシーよりも安いので、送迎ホテル対象のホテル滞在であれば、かなり便利でお得です。

送迎ホテルリスト:送迎ホテル

 

注意

多くのホテルを巡回しているため、少し時間のかかる移動手段になる可能性もあります。

 

現地到着後、チケットカウンターでチケットを購入すれば乗車可能になっています。

公式サイト:Shuttle Services | Singapore Changi Airport

 

タクシー同様、到着ロビーに出て「City Shuttle & Limousine」という看板に従って向かってください。

チケットはチケットカウンターもしくは券売機があるのですが、券売機はカードのみの取扱いとなっていますので、現金で購入したい場合はカウンターで購入しましょう。

 

マリーナベイ・サンズ行き方:MRT

料金  S$2.3(約190円) 
時間 約1時間
 運行時間  5:15~23:00頃(空港→マリーナベイ・サンズ)

 

格安ですが、乗換があったり駅からホテルロビーまで少し距離があったりと、あまりお勧めの方法ではありません。

 

f:id:lifeishappy_right:20190705125112p:plain

 

チャンギ・エアポート駅は、ターミナル2と3に直結していて、ターミナル1からは空港内のスカイトレインで移動できます。

 
行き方

Changi Airport MRT Station CG2駅からEast West LineのTanah Merah方面 行きのMRTに乗車→

Expo駅でDowntown Lineに乗換てBukit Panjang 方面行きに乗車→

そこから約40分程度でマリーナベイ・サンズ最寄の「ベイフロント駅」に到着です。

MRTはタクシーやシャトルとは違い、24時間運行ではなく、どの線も24時前ごろには終電になり始めるので、深夜着の方は選択肢に入れられないかもしれません。

 

空港からマリーナベイ・サンズまでの移動手段としてはあまりオススメしませんが、市内観光にはとても便利な交通手段になります。

 
MEMO

切符売り場は基本的に大混雑なので、交通プリペイドカード「EZ Link Card(イージーリンクカード)」の購入をオススメします。

 

マリーナベイ・サンズ:周辺観光

 

 ◆ ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)

 ◆ マーライオン公園

 

マリーナベイ・サンズ周辺には、徒歩で行ける観光施設があるので、ぜひ訪れてみてください。

 

 

周辺観光:ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)

f:id:lifeishappy_right:20190705233509j:image

 

マリーナベイ・サンズ向かいにある、自然とハイテクを融合させた超巨大植物園です。

かなり人工的な場所ですが、シンガポールでは外せない観光地の一つだと思います。

 

とても広い場所で、暑い時期のシンガポール観光では短時間でギブアップするかもしれません。

 

園内の中には、室内にある滝や、何を意味しているのか分からない不思議な赤ちゃんのモニュメントなど、不思議な空間が至るところに広がっています。

 

とても広い敷地に緑が綺麗に整備されていて、散歩にはオススメの場所です。

 

公式サイト:Gardens by the Bay

 

周辺観光:マーライオン公園

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/lifeishappy_right/20190705/20190705134143.jpg

 

いわずと知れた、世界三大ガッカリ名所?のマーライオンです。

ガッカリすると思ってご対面したので、意外にガッカリしませんでした。

マリーナベイ・サンズからマリーナ湾に沿って散歩感覚で歩いても行けますし、マリーナベイ・プロムナードからマーライオン側まで行けるリバークルーズに乗るのもオススメです。

 

シンガポール旅行:オススメアプリ

シンガポール旅行で必ず使用する地下鉄「MRT」の乗換案内アプリです。

 

シンガポール路線図 Lite

シンガポール路線図 Lite

Urban-Map無料posted withアプリーチ

 

関連記事:海外旅行で使えるオススメ無料アプリ総まとめ27選

 

まとめ

この記事では、マリーナベイ・サンズのインフィニティプールの紹介に始まり、マリーナベイ・サンズの全貌を簡単にまとめました。

 

マリーナベイ・サンズのホスピタリティが値段に見合っているかといえば、ハッキリ言ってNOなのですが、2,500室以上もある巨大なホテル、良くも悪くも「放置」な感じのホテルでした。

 

5つ星ホテルの高級感というよりも、知名度料なのかな…という感じですが、悪い印象派全くありません。

むしろ全力で宿泊をオススメします。

 

また、私たちのお部屋を担当してくださったハウスキーパーの方が、日本語が分かる方だったようで、心温まるメッセージを残してくれました。

f:id:lifeishappy_right:20190705233419j:image

 

シンガポールに訪れる際は、ぜひマリーナベイ・サンズに宿泊してみてはいかがでしょうか♡