厳しいと噂のイギリス入国審査…の前に目的地とは違う飛行機に搭乗してしまう。なんてオプション付きの話

《ロンドン・イミグレーション》

審査官(審):H~~~~i(^^)/

私:Hi...

審:How are you?

私:( ゚Д゚)…Good(あなたの対応次第でbadになるけどね…)

審:Sightseeing?

私:( ゚Д゚)…Yes(何なの?厳しいんじゃないの?何を試してるの?←超疑心暗鬼(笑))

審:Welco~~~~me◎

私:(=゚ω゚)...oh, okay?

審:Yup(^_-)-☆

私:oh('ω')

審:So what are you doing tonight?…

と世間話を始めた審査官。

 

意図も簡単にイギリス入国完了('◇')ゞ

 

f:id:lifeishappy_right:20190704190737j:image

 

”観光?”とだけしか質問されなかったの。

”目的は?”じゃないの。観光?だって(笑)

 

ロンドンにはヒースロー空港ではなくて、

ロンドンシティ空港を選ぶとスムーズかつ便利!!

 

この日の流れ→

ヒースロー空港に到着する気満々でルクセンブルクのフィンデル空港から搭乗✈

そもそもこの時点で、ロンドンにヒースロー空港以外の空港が存在する事さえ知らない(笑)

 

→機内アナウンスでロンドンシティ空港に到着するって言った。=ヒースロー空港って別名ロンドンシティ空港って言うんだ…って勝手に納得。

 ・東京国際空港 = 羽田空港

 ・ヒースロー空港 = ロンドンシティ空港

的な解釈(笑)

 

→着陸したものの空港がやたらと小さい。徐々に不安になる。

 

→他の乗客に、ここはヒースロー空港ですか?と聞いてみた。

 

→シティだよ。ヒースローに行きたかったの?

 

なんやねん!シティって?!( ;∀;)

 

→恐らく、私がロンドンシティ空港とヒースロー空港の位置関係を分かっていないと察してくれたのか、

ヒースロー空港より〇〇だから大丈夫だよ(*^^)vって。

ハッキリ聞き取れなかったけど、私の解釈。

 

→何が大丈夫か分からないけど、流れに身を任せ入国審査へ。

 

EUのパスポート保持者とその他のパスポート保持者の入国審査が別々だなんて頭から消えて、皆に着いていく。

 

→空港職員に「あなたはこっちよ!」って呼ばれる。おぉ怖い(;'∀')

 

→私が乗った便、私以外全員EUのパスポートだったみたい。

私一人EU圏外(・・;)

 

しかも到着便が他になく入国審査私だけ。

 

こんな精神的に追い詰められた状態で訪れた、

超厳しいと噂の入国審査であったやり取り。

 

入国スタンプ押した後、あまりにもフレンドリーに話してくれるから、入国審査官に私が今ここにいる経緯を話す。

したらシティからホテル最寄り駅の行き方を丁寧に教えてくれた(笑)

 

あまりの間抜けさに呆れたのか、本気で心配される。

私も私が心配だよ(;^_^A

 

でも悲しくなるから審査官は好意的に言ってくれたと受け止めました(笑)

 

ついでに「シティだよ」って機内で教えてくれた男性も心配して待っててくれました(/ω\)

その後ロンドンの交通カード購入から私が電車に乗るまで見届けてくれましたとさ。

 

めでたしめでたし(・∀・)

 

本当皆優しかった♡