PVアクセスランキング にほんブログ村

地球上で最も美しい20の島【part2】

www.beautyaroma217.com

「地球上で最も美しい島20選」早速part2に参りたいと思いますヾ(^∇^)

【part1】では北半球を紹介しましたので、part2は南半球の紹介です。

⒈ ボラ・ボラ島:Bora Bora(タヒチ)

f:id:lifeishappy_right:20200930104254j:image

フランス領ポリネシアのソシエテ諸島にある島。

南洋の宝石としても知られるこの島はサンゴ礁で覆われたターコイズブルーのラグーンに囲まれた島です。カラフルな熱帯魚がサンゴの園を彩り巨大なマンタが優雅に泳ぐ海が広がっています。

このエキゾチックな島の見所は、タヒチの民族衣装:パレオを身に纏った女性、高床式の水上バンガロー、オテマヌ山(Mount Otemanu)はタヒチを象徴する山として人気です。

現在30代後半の方、パレオって懐かしくないですか?一時流行りましたよね( ´艸`)民族衣装だとも知らず、そして年を重ねた今となっては、あの布一枚で日本の街をよく歩けたな…と思います(笑)

高級リゾート地としても有名な場所です。

 

⒉ クック諸島:The Cook Islands

f:id:lifeishappy_right:20200930104306j:image

まだあまりクック諸島を訪れる日本人は少ない穴場のリゾート地、オセアニア東部、ポリネシア東部にあり、ニュージーランドとの結びつきが深い15の島と24の珊瑚環礁と火山島からなる島。

オススメはアイツタキ島(Aitutaki)のプライベート水上バンガローに滞在する事です。

ここの民族衣装もパレオなのですが、パレオを着た地元の人々が伝統的なダンスや迫力満点のファイヤーダンス、演奏するウクレレ音楽を楽しむ事ができます。

本島のラロトンガ(Rarotonga)にある特別なマウンテンサファリツアーに参加してみてください。4WDのジープカーで風を切りながら走り島の人々の生活を垣間見る事ができるツアーです。

その他、ラグーン、緑豊かで険しい山々、建物の屋根よりも高く聳え立つヤシの木を通るボートトリップなども人気のアクティビティです。

 

⒊ サモア:Samoa

f:id:lifeishappy_right:20200930104313j:image

オセアニアに位置し、ウポル島、サバイイ島及び7つの小島からなる国家。

サモアには約3000年前に人類が到達し、サモアを起点に、タヒチ・ハワイ・ニュージーランドといった広大なポリネシア海域への移民が進んだと考えられているため、サモアは「ポリネシア文化のゆりかご」と呼ばれていて、「ファアサモア:Fa’a Samoa(訳:サモア式)」の環境・家族・伝統に焦点を当てたライフスタイルが称賛さています。

地元の文化だけではなく、美しい景観も島の至る所にあります。

本島のウポル(Upolu)に立ち寄り、人気のトスア・オーシャン・トレンチ(To Sua Ocean Trench)の洞窟に飛び込んでみましょう。

サモア最大の島、サバイイ島には、アロファアガ噴水孔(Alofaaga Blowholes)、険しい洞窟、神秘的な滝、そして必ず思い出に残るサレアウラ溶岩原(Saleaula lava field)があります。このフィールドは、1905年に5つの村を破壊した火山の噴火によって形成されました。

その他小さい島々には、小さな村がある島や無人島もあり、一部の島には野生生物の保護区があります。

 

⒋ フィジー:Fiji

f:id:lifeishappy_right:20200930104323j:image

フィジーは300以上の島からなるオセアニアの島。

ママヌザ諸島の自然の美しさはトム・ハンクス主演の「キャスト・アウェイ」、ヤサワ諸島は、1980年の「青い珊瑚礁」など、その他多数の作品がフィジーで撮影されているのですが、その要因として美しい島だけではなく、フィジーをロケ地として映画撮影をした場合、税金を還元するという政府の誘致活動もあるため、映画製作者の夢が叶う場所なのだそうです。

フィジーの333の島の全てを覆うマングローブ、山、サンゴ礁、川などが堪能できます。自然豊かなこの島では、数多くの野生動物にも出会えます。

多くのプライベートアイランドリゾートの一つで、伝統木造建築の豪華なプライベートヴィラ:ブレ(bure)に滞在してください。

ビチレブ島には港湾都市の首都スパがあり、イギリス植民地時代の建物が見られます。

 

⒌ ウィットサンデー諸島:Whitsundays(オーストラリア)

f:id:lifeishappy_right:20200930104331j:image

ウィットサンデー諸島と聞くと、知らない…という方が多いかと思いますが、グレートバリアリーフ・ホワイトヘブンビーチと聞くと知ってる方が多いかと思います。

オーストラリアのクイーンズランド州にある74の島からなる諸島です。

有名なグレートバリアリーフは、地球上で最も広大なサンゴ礁の海の一つです。(このサンゴ礁が現在品詞の危機に陥っている事はご存知の方も多いかと思います(ノω・、) )

このウィットサンデー諸島には無数のカラフルな魚、軟体動物、ヒトデ、カメ、イルカ、サメなど1600種類以上の海洋生物が生息しています。

 74の島のうち4島を除く全てが、公式に保護された国立公園です。

ヘリコプターや水上飛行機をで観光したり、人気のホワイトヘブンビーチのヒル・インレットとハートリーフのサンゴ礁などの絶景を見ることができます。

豪華なハミルトン島のリゾートに是非滞在してください。

 

⒍ バリ島:Bali(インドネシア)

f:id:lifeishappy_right:20200930104719j:image

ここは説明する必要ないでしょう。いわずと知れたアジアを代表するリゾートアイランドです。

ジンバラン湾、ヌサドゥア、スミニャックなど素晴らしいビーチに、ウブドの古代遺跡、神聖な森、段々畑など見所満載でしょう。

ウルワツにある寺院やプラエンプル(入浴できる場所)など、10,000に及ぶ寺院があります。有名な神の国を堪能しましょう。

バリ島では、スピリチュアリティと暖かい人々ねど、とても居心地のいい環境になっています。

実は私も2ヶ月ほど沈没した場所になります( ´艸`)

 

⒎ ココス(キーリング)諸島:Cocos Keeling Islands(オーストラリア)

f:id:lifeishappy_right:20200930104730j:image

インド洋にあるオーストラリア領の諸島。

この諸島はアンドリュー・ショート(Andrew Short)とブラッド・ファーマー(Brad Farmer)というビーチ活動家のカップルが、現在人気のあるコシーズビーチを「2017年、オーストラリアで最高の場所」と称するまで、ほとんど知られておらず、オーストラリアの「最後の手付かずの楽園」とも呼ばれています。

チェーン店などの大きなレストランや、交通、観光客、複数の高層リゾートなどはありませんが、手付かずの白い砂浜や、少なくとも30,000匹のウミガメの生息地となっているターコイズブルーのラグーンもあります。

 

⒏ セーシェル:Seychelles

f:id:lifeishappy_right:20200930104736j:image

セーシェルは東アフリカ沖のインド洋に浮かぶ115の島からなる諸島。

恐らくパソコンのデスクトップで見たことがある方もいるかと思いますが、トレードマークの聳え立つ岩があります。

更に、この並外れた島の集合体は世界で最も古いものでもあります。また、地球上で最も綺麗な空気が流れているといわれています。

多くの有名人がこの地を訪れていて、イギリスのウィリアム王子とキャサリン妃は2011年に新婚旅行でここを訪れました。

 

最後に・・・

二つの記事に分けて、地球上で最も美しい島20選を紹介しました。

世の中は常に変化し続け、この自然多い島々も例外ではありません。

人類の発展と共に自然は破壊され、動物たちは追いやられ、美しかっが観た手付かずの島が光客によって汚されたりする事も現実としてあります。

ただ、紹介した島々の住民の多くが観光業で成り立っている場所です。

だからこそ、私たち旅行者は環境に配慮し、その島の文化を尊重し、訪れる際には敬意を持ってその島の生活に没頭してみてください。

そうする事でお互いがハッピーになれる場所だと確信しています♡