あなたの人生、あと何年ありますか?【人生の時間割】

自分の人生の時間を考えたことはありますか?

 

私は、80歳まで生きれるとしたら、あと何回誕生日を迎えられる…とか、旅行が好きで、死ぬまでに行けるだけ知らない世界を訪れたいと思っているので、年間何ヵ国行けば全世界制覇できるんだろう…とか、大まかですが結構考えるほうです。

 

そんな人生の時間を深堀してみました。

80歳まで生きたと仮定して、日本人の平均的な時間割を出してみたいと思います。

 
あなたの人生、あと何年ありますか?【人生の時間割】
 
 

f:id:lifeishappy_right:20210207125806j:plain

 

人生の時間割

人生が80年だとして、自由に使える時間を考えたことはありますか?

 

80年を長いと思うか、短いと思うかは、人それぞれだと思いますが、80年のうち半分以上は、自由に使える時間以外のことに費やしていることを知っていますか?

 

だとしたら、本当に人生を楽しむ為に自由に使える時間は一体どのくらいあるのだろうという疑問から、自分の自由に使える時間を算出してみました。

 

あなたの人生、あとどのくらいありますか?

 

人生の時間割:睡眠

全ての人間が生きていく為に、絶対に取る時間といえば睡眠時間でしょう。

 

日本人の平均睡眠時間は、2018年にOECDが行った調査によると、6時間27分となっています。

世界平均に比べて55分も短い睡眠時間になっています。

睡眠時間の短さは、これはこれで問題なのですが、とりあえず今回の記事では日本人の平均という事で記事を書いて行きますので、この時間で80年を換算します。

 

そうすると、80年のうち「21.5年」を睡眠時間に充てています。

参考:日本の平均睡眠時間 | 睡眠偏差値 調査結果報告

あなたの残りの人生「58.5年」

 

人生の時間割:食事

食事も睡眠同様、生きる為に必要な時間となります。

 

こちらはOECDの研究結果で、日本人の平均的な一日の食事時間は120分弱となっています。

ただ、日本語で出ている様々な文献を読んで計算すると、120分弱というのはどうも信憑性に欠けるのですが。

 

夕食の平均時間が約30分前後、昼食となると20分前後となっており、私の体感的に朝食は摂らない人、もしくは会社のデスクで仕事開始前、開始後にささっと食べる人なんかが多い気がします。

 

そうでなくても、朝20分も30分も朝食を食べる為に時間を割いている人がどの程度いるのかと考えると、一日に食事に充てる時間は平均90分前後なんじゃないかと思ったりします。

 

とりあえず、世の中に発表されている平均で出すと、80年のうち「6.5年」を食事の時間に費やしていることになります。

f:id:lifeishappy_right:20210207115402p:plain

引用元:Special Focus: Measuring Leisure in OECD Countries

あなたの残りの人生「52年」

 

人生の時間割:トイレ

これは生理現象の一つなので、欠かせない時間となります。

 

トイレについてもかなり個人差があることですので、一概には言えないのですが、トイレ大学事典には下記のように記述があります。

人によって違いはあるが、1日1回の排便、5~6回の排尿がある。8回以上を頻尿と言う。
排泄と手洗いや身だしなみを含めて、およそ1日10~20分トイレを試用することになろう。1年に365日×0.17~0.3時間=62~100時間/年=2.6~4.2日=208~336日・・・約7~11ヶ月トイレにいることになる。
女性は化粧や身繕いのため、男性の3倍の時間を要するといわれる。

引用元:トイレ大学事典

 上記文献を踏まえて、トイレに費やす時間を約1年とします。

あなたの残りの人生「51年」

ここまでは、生きていくうえで誰もが外せない時間なので、生まれた瞬間に残りの人生51年となります。

 

人生の時間割:仕事

20代、早い人では10代後半から始まる労働人生。

生きていく為に、ほとんどの人が欠かせない時間が「仕事」です。

間を取って20歳から60歳までで計算していきます。

 

恐らくこの日本で残業なしで一日の仕事を終える人のほうが少ないかと思いますが、ここは超ホワイト企業に勤めていると仮定して、「8時間勤務/日」「年間休日120日」で計算します。

私は完全にこのタイプです(笑)
残業1秒たりともしません。
有給完全消化主義。

この超ホワイト企業に40年間勤めるとしたら、あなたは80年のうち9年間は労働しています。

個人的な体感として、人生の3分の1を仕事に費やしていると思い込んでいたので、意外に短くて驚きました。

ただ、あくまでもこれが最低ラインです。

あなたの残りの人生「42年」

 

人生の時間割:通勤時間

通勤時間は人によってまちまちになりますが、平成28年に総務省統計局が調べた日本人の平均通勤時間が、男性:1時間26分、女性:1時間7分となっています。

 

これを男女で完全に平均にして「1時間16分」、勤務時間同様ホワイト企業に勤めている場合で計算すると、約1.5年を通勤時間に費やしています。

参考:統計局ホームページ/通勤時間の状況

あなたの残りの人生「40.5年」

 

まとめ「あなたが自由に使える時間、あと何年ありますか?」

例えば今20歳の方だと、「睡眠・食事・トイレ・仕事・通勤時間」を除いて、残りの時間は約27.5年となります。

30歳だとしたら「21.5年」、40歳だと…と思うと、自由に使える時間は長くないんですよね。

 

この限られた時間の中で、女性は平均1年ほど今日何を着ていくかを考える時間に費やし、約1.5年は髪のセットに費やしているというデータがあります。

その他、お風呂に入ったり、部屋の掃除をしたり、やるべき事は多く、どんどん時間は減っています。

 

そして、老後足腰頑丈で健康であるという保証はありません。

ということは、健康で自由な時間って一体どのくらいあるんだろうと思うわけです。

 

人間に唯一平等に与えられた「時間」。

これをどう使うかは人それぞれであり、どんな人生になるかは、この限られた時間の使い方次第ということを考えると、もう少し時間の使い方を考え直したほうが良いな…と私は思いました。

あなたの人生、あと何年ありますか?