日本人はもっと立場や権利を主張すべき:非正規雇用契約について思うこと

何年も正社員と同じように働いたのに、
退職金がもらえない!!

なんて事が社会で騒がれたりしますが・・・

人生で一度もどこかの企業の正社員として働いた事がない私が思うこと。

なぜ正社員の道を選ばなかったの?

そもそも「正社員」と「非正規・派遣・バイト」というカテゴリーは待遇面で明確な違いがある事は一般常識として知られている事ではないんですか?

※ニュースはあまり詳しく追っていないので、ニュースの内容とは論点多少ズレているかと思います。

待遇格差訴訟 非正規社員ら最高裁判断に「残念」 :日本経済新聞

f:id:lifeishappy_right:20201014171300j:plain

 

正社員と同じ仕事をさせられているのは、あなたがそこにNOを言わないから

正社員でも仕事が出来ない人、しない人、いますよね~(*- -)もっと酷いと自分ができない仕事を押し付けてくる人。イラッとしますよね。私もずっと非正規で働いていたからよく分かります。

正社員と同じ仕事ならまだしも、正社員より重要な仕事してるんじゃないか?と思うこともありませんか?非正規の疑問あるある。

政府が叫んだ「働き方改革」「同一労働同一賃金」、これ機能してるんですか?

というか、「同一労働同一賃金」て、だったら「非正規」なんてカテゴリー必要なくないですか?

そもそもこんな決まりができたところで、即座に日本の社会や企業の体質が変わるような柔軟性がある国ではない事くらいご存知でしょう。

だから、一旦立ち止まって考えて欲しいのです。

正社員と非正規社員では待遇面で明確な違いがあるのです。だとしたら、業務内容にも明確な違いがあってもおかしくないと思いませんか?

なぜそこを主張しないのですか?

なぜおかしいと言わないのですか?

なぜランチ中に同僚間での愚痴だけで終わらしてしまうのですか?

なぜなら、お金をもらっている以上、与えられた仕事はこなすべきだと思っているからですよね。 

 

お金をもらっている以上与えられた仕事はこなすべき。は正解でもあるし不正解でもある

だって待遇面が違うのだから。

世の中、「スーパー非正規社員」が多過ぎるんですよね。

与えられた仕事は文句一つ言わず(同僚間ではめちゃ愚痴ってるけど…)そつなくこなすし、正社員以上にできてしまう人もたくさんいます。だからできると思ったら次々仕事を振ってくるんですよね。

そんなスーパー非正規社員って会社にとってはとんでもなく都合が良い存在なんです。とかいうと反発する人事担当者もいるかとは思いますが、綺麗ごとではなく現実的な話をしているんです。

 

正社員も非正規も区別しないという困った上司

時々、正社員と非正規では社内でも扱いが違う…的な話を聞くのですが、私はそれはむしろ歓迎なタイプで、同じにして欲しくないと常々思っています。

「私は正社員も非正規社員も区別しないから!」ってなんだか立場は同じだよ的な事をいってくれる上司がいたりするんですが、これって上司にとってかなり都合のいい言葉で、裏を返せば「仕事は正社員と同じことをやってもらうけど、待遇面は会社とあなたの問題なので知りませんよ。」ということですよ。

その上司がお給料をくれる人であればもちろん話は変わってきますが…

 

何の為に働いているのですか?

ボランティアであれば、与えられた仕事を文句言わずこなす事は普通ですが、率直に言って「お金をもらうため」に働いていますよね。

もしお金が有り余った人生だとしたら、その会社に勤めていますか?っていう話です。

だとしたら、自分の大事な人生の時間を使って仕事をしているわけです。

待遇の違う正社員と同じ業務を要求されるのであれば、そこは自分の立場を主張もしくは同じ待遇を要求すべきだと思いませんか?私はそう思います。

恐らく扱いづらいタイプ№1なんですが、でも都合のいい非正規にならないためなら、扱いづらいタイプで全然OKなんです。

大事な大事な人生の時間を使った対価はしっかりもらわないと!と思います。

 

何年も勤めて正社員の話が出ないという事は会社があなたを非正規でOKとジャッジしたということ

本当に会社にとって必要な人材は、正社員の話はもちろんその人の希望を最大限叶えてくれるものなのです。

これは私の経験談ですが、とある支店に急遽即戦力が必要になり、だけど結構複雑な業務だから新しい人を雇っても即戦力にはならない&繁忙期だから教育をする余裕なんてない。という状況があり、たまたま余裕のある支店にいた非正規の私に声がかかりました。

その時の会社の対応といったらもう見事なもので、私が提示した条件を全てのんでいただいた上で、契約内容を変更する事になりました。

そしてありがたい事に正社員のお話も頂いたのですが、私は元々正社員として働きたいという願望がなく、そこは丁重にお断りをさせて頂きました。

これだけを聞くとあたかも私がバリバリ仕事のできるタイプに思われるでしょうが、実際は全くなんです。

仕事の速度は遅いしマイペースだし、残業は一切しないし、有給は全部消化するし、最近では飲み会に対して「これは義務ですか?」と断るし、主張は激しいし…(笑)本当いつもどこの企業に勤めても「こんな私を雇ってくださってありがとうございます。」と感謝しかありません。

何故この時こんな私に正社員の話が出たかというと、業務が複雑で3年目の社員でも「まだ3年目だから…」というポジションで、充分に教育をできる時間がない、教育する人材もいない、全てナイナイ状態だったんです。だからこんな私にでも正社員の話を持ってきたわけです。

本当に必要、変えの利かない人材であれば間違いなく正社員になる事を促すものなのです。

何年も非正規で勤めて正社員と同じ仕事をしているのに非正規から進歩なし…まずそこに疑問を持たず仕事を続けているのは自分自身なのです。そんな会社にOKを出しているのは自分自身なのです。

 

立場を主張したとき、会社がそれで契約を打ち切るならそれはそれで良くない?って話

f:id:lifeishappy_right:20201014173420j:plain

働く場所は探せばいくらでもあるのに、何故そこにしがみつこうとするのですか?

仕事がないと思うのは、自分の力量を考えずに勝手に決めた条件が仕事の選択肢を狭めているだけだと思います。

もう一度聞きます。何の為に働いているのですか?

 

何度も繰り返しますが、「正社員」と「非正規・派遣・バイト」は待遇が違うのはまだまだ普通です

そもそも待遇が同じなら、正社員・非正規・派遣・バイトなんてカテゴリーわけする必要性なくなりますよね。様々な面接対策をして正社員になった人が納得しないですよね。

そして、世の中にスーパー非正規がいる以上、立場の主張ができない人は正社員と同じ業務を任され続けるでしょう。

 

それでも正社員と同じ待遇を望むのであれば、非正規という働き方をはなから選択しない

これに限ると思います。

そして、仕事ができる人材かどうかよりも、お勉強ができて面接でテンプレ通りの受け答えができる人が選ばれ優遇される日本の風潮をもっと知るべきだと思います。

だから、正社員としての待遇を望むのであれば、就職試験に力をいれればいいだけなのです。といいつつ、面接が嫌いだから就職試験を受けた事がない私が言うべき事ではないのですが・・・

私は様々な大企業で非正規として働いてきました。あらゆる会社で出会った正社員の人に「何でこの会社に就職したの?」と度々聞いていました。

私が仕事をする理由は旅費を稼ぐため。だからぶっちゃけ何処の会社でも問題ないけど、この人達はここを目指して入社した人達で、単純にその会社を選んだ理由を知りたかったからなんです。大半の人が「採用されたから…」なんですよね(笑)

 

日本人はもっと立場や権利を主張すべき

非正規社員が退職金をもらえないと訴訟を起こすことについて、会社が非正規で働いていた人に退職金を出さないのは契約通りであれば問題ない訳で…で終わる話。

正社員と同じ仕事をしていた。という主張については、何故働いているときに主張せずに突然訴訟起こしちゃうの?と私は思います。

正社員と同じ業務内容を要求されたときに大人しく受け入れたのは自分。

非正規として働く事を受け入れたのは自分。

今の働き方、自分の立場を作っているのも全て自分なんです。

義務をしっかり果たした上で、突然訴訟ではなく、もう少し普段から自分の立場や権利をしっかり考え行動すべきだと思います。