【初心者限定】正真正銘全てゼロから始めるブログのアクセスアップ対策:SEO対策(実体験&再現性超あり)

こんにちはヾ(^∇^)

前回の「【初心者限定】正真正銘全てゼロから始めるブログのアクセスアップ対策」に続き、この記事では実践にうつっていきたいと思います。

 

前回の記事で「アナリティクス」「サーチコンソール」を登録することは触れましたので、この記事以降は二つのツールは既に使用されている体でお話ししていきます。

前回の記事:【初心者限定】正真正銘全てゼロから始めるブログのアクセスアップ対策(実体験&再現性超あり)

 

この記事では、アクセスアップ記事で必ず誰もが記載しているであろう「SEO対策」についてと、SEO対策の実践について書きたいと思います。

 
【初心者限定】正真正銘全てゼロから始めるブログのアクセスアップ対策:SEO対策(実体験&再現性超あり)
 

 

SEO対策

f:id:lifeishappy_right:20201109214017j:plain

 

SEOとは

「SEO」とはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略称で、Webサイトが検索結果でより上位表示するために行う一連の施策になります。

というと、そんなの嫌と言うほど目にしてきたよ!と思われる方いらっしゃると思います。はい、完全に私の事でした(笑)

 

恐らくWeb関連に強い方であれば、この文言だけで理解できるのだと思います。

 

でも、Web音痴な私には、これだけでは意味を掴みきれないわけです。

そんな私が「SEO対策」や「キーワードを狙って記事を書く」などと聞くと、SEO対策を成功させるにはタイトルや記事に「キーワード」をたくさん詰め込めば良いと思うわけです。

これは大きな間違いになります。

 

検索エンジンは、ユーザーがどういう意図を持って検索しているか?という「検索意図を推測」して検索結果を反映しているのです。 

MEMO

検索エンジンとは、日本ではGoogleを意味します。YahooもGoogleの検索エンジンの仕組みを使用しているためGoogleメインで考えます。

 

Googleが掲げる10の真実

Google(検索エンジン)が評価するということは、まず「Googleが掲げる10の真実」を把握・理解する必要がありますので、一度目を通してみましょう。

 

まず重要なことが一つ目にあります。

 1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

引用:Googleが掲げる10の真実

ここを理解する必要があります。

Googleは「Googleが掲げる10の真実」の一つ目に、ユーザーにとって利便性の高い検索結果が重要であるということをいっています。 

ということは、Googleに評価されるSEO対策とは、

検索エンジンを使用するユーザーの意図を満足させるコンテンツを作るという事になるわけです。

ということで、記事に設定したキーワードで検索する人の意図を満足させるコンテンツ作りをしていきます。

 

実践:SEO対策

まずは、どんなキーワードで検索される記事を書くのか、キーワードの選択をします。

 

キーワードの選択

まず記事を書く前にキーワードの設定をします。

キーワードには「ビッグキーワード」「ミドルキーワード」「ロングテールキーワード」と3つあります。

以下の参考キーワードは「最新:にほんブログ村に登録してアクセスアップ《はてなブログ編》」のキーワードとなっています。

 

◆ ビッグキーワード

にほんブログ村 登録 はてなブログ」

1語のみの単語。

赤で示した「にほんブログ村」がビッグキーワードとなります。

上級者になればこの1語のみの設定でも上位表示が狙えるようです。

ただ、初心者には何を書いていいのか分からないし、難易度が高すぎて挫折します。

 

◆ ミドルキーワード

にほんブログ村 登録 はてなブログ」

2語の単語を組み合わせたキーワード。

赤で表示した「にほんブログ村」と「登録」がミドルキーワードとなります。

こちらも初心者には難易度が高めですが、これで設定して挑戦するのもありだと思います。

 

◆ ロングテールキーワード

にほんブログ村 登録 はてなブログ

3語以上の単語で組み合わせたキーワード。

初心者のうちは、このロングテールキーワードで上位表示を狙うようにすると手ごたえを感じやすくなります。

単語を増やせば増やすほど上位表示を狙いやすくなるのですが、逆にそんなに多くの単語を並べて検索する人は減るのでアクセスアップは難しくなります。

 

この3種類のキーワードを念頭にキーワード設定を行います。

キーワード設定の際には「キーワード検索ツール」の使用をオススメします。

キーワード検索ツール:ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))

 

キーワード検索ツールで、まずビッグキーワードを入れると、「にほんブログ村」で検索される上位のキーワードが表示されます。

f:id:lifeishappy_right:20201109204708p:plain


アクセスを増やしたいなら、極力検索されているキーワードを狙いたいですよね。

そのために記事にそったキーワードで極力検索されているキーワードを探します。

 

ロングテールキーワードでキーワード設定を行う場合は、ミドルキーワードまでのキーワードを検索しましょう。

 

ここで気付く方もいらっしゃるかと思いますが、収益化をしている方は「書きたい記事」を書いているわけではないのです。

そのため、収益化を目指している方であれば、Googleで検索されているトレンドキーワードを調べて記事にするのもありだと思います。

Googleトレンド:Google トレンド

これについては、私自身が書きたい記事を書いているタイプなので、あまり使い方も分からず実践もしてないので結果などは分からないのですが、使用してみる価値はあるかと思います。

 

◆ 既存の記事をリライトする方向け

私が検証する「最新:にほんブログ村に登録してアクセスアップ《はてなブログ編》」の記事は、「にほんブログ村 登録 はてなブログ」で上位表示を狙おう設定しました。

 

検索意図の推測

キーワードが決定したら、そのキーワードで検索するユーザーの意図を推測します。

 

「にほんブログ村 登録 はてなブログ」で上位表示させるには、「にほんブログ村 登録 はてなブログ」で検索するユーザーが満足するコンテンツが必要であるということです。

 

「にほんブログ村 登録 はてなブログ」で検索するユーザーの意図をまず考えました。

 

私の推測:にほんブログ村に登録してアクセスアップを目指したい。そして運用方法や登録メリット・デメリット、できれば結果も知りたい。

という推測をしました。

 

上位表示されるコンテンツのヒントは全て検索結果にある

繰り返しになりますが、Googleは検索エンジンを使うユーザーの意図を満足させるコンテンツを上位表示させる傾向にあります。

ということは、実際に上位表示されているコンテンツを分析すると多くのヒントを得ることができるのです。

 

設定したキーワードで上位表示されている記事の分析をします。

これは人によると思いますが、検索結果の分析をすると自分が当初推測した「検索するユーザーの意図」と照らし合わせると、自分の推測がいかに浅はかであるかを思い知らされました。

 

にほんブログ村に登録しようと思って検索している人は大半がにほんブログ村の事をあまり知らない人であるはずなのに、「にほんブログ村 登録 はてなブログ」で検索する人=にほんブログ村を完璧に知っている人であると勝手な思い込みがあったのです。

そのため、もし上位表示されている記事を分析しなければ、にほんブログ村が何なのか?ということには一切触れないブログ記事が仕上がる予定になっていました。

 

これだけではなく、色々な抜けが判明しますので、この上位表示されているコンテンツの分析はかなり重要な部分になります。

 

シークレットモードで調べる

分析のために検索する場合は、「シークレットモード」で調べることをオススメします。

なぜかというと、インターネットで情報検索をした際に、Cookieや閲覧時間、ページの履歴などあらゆるデータなどの履歴がお使いのPCに残ります。

 

例えば普段からYahooニュースを何となく閲覧していると、自分が興味のある分野のニュースが自然とたくさん表示されたりしませんか?

それはお使いのブラウザ(PC)が自分の検索結果を記憶し、興味のありそうな分野のニュース記事を選択して表示してくれています。

 

普段はとてもありがたい機能ですが、ブログのアクセスアップの分析に自分の趣味趣向に影響を及ぼされたくはないのです。

どこまで影響があるのかは不明なのですが、シークレットモードで検索することは全く面倒なことではないので、シークレットモードで検索しましょう。

 

シークレットモードの起動方法

◆ Windowsをご使用の方

Googleを開いた状態で「Ctrlキー + Shiftキー + nキー」を同時に押すと別ウィンドウでシークレットモードが開きます。

 

◆ Macをご使用の方

Googleを開いた状態で「⌘キー+ Shiftキー+ nキー」を同時に押すとシークレットモードが開きます。

 

注意事項

上位表示されている記事を分析した上で参考にすることは問題ありませんが、誰が見ても似たようなコンテンツは上位表示どころか除外される可能性及び自分のブログの評価を落とす行為になりますので、くれぐれも真似はしないでください。

 

上位コンテンツを参考にしつつ、重要なことはオリジナリティを意識する事になります。

この「オリジナリティ」とは、面白い文章でも感動する文章でもありません。

ユーザーが求めているのはあくまでも「情報」であるということを常に頭において、「自分ならどんな情報が欲しいか」を掘り下げて考えます。

 

それでも上位表示されている記事を読んだら感じると思いますが、意外に似たり寄ったりな情報が書かれていることが多いです。

そのため、私は10位以内の方が書いてないユーザーが知って得しそうなことを調べて追加しました。

 

実践:検索結果の分析

まずは検索して1ページ目に出てくる10記事が検索上位10位以内となりますので、その10記事を目安に分析します。

 

・どのような方のサイトであるか

・どのような内容が書かれているか

 

10記事を読んでいると途中で、ここ分かりづらいな…という部分が見つかったらラッキーで、それを分かりやすく書いた部分を自分の記事に入れるのもありだと思います。

 

「専門性」「網羅性」「信頼性」を意識する

コンテンツを考える際に重要なことは、「専門性」「網羅性」「信頼性」を意識したコンテンツを作る事になります。

 

「にほんブログ村 登録 はてなブログ」で検索する人は、

◆ アクセスアップの方法を知りたい

◆ アクセスアップを狙ってにほんブログ村に登録する

◆ 結果的にどうなるかも知りたい

◆ 運用方法も知りたい

これらを満たした(網羅性)上で、間違った情報は知りたくないわけです。ということは、信頼のできる人の情報を得たいとなるわけです。

 

やはり何でもそうですが、ある一定の分野において専門的な人は重宝されます。

そのため、私のような専門的なことを何も持たないタイプでも「網羅性」はすぐに対応できますが、「専門性」や「信頼性」は少しずつ積み上げていくしかないのです。 

重要

そもそも検索をしたくて検索しているユーザーはいないということを常に頭においておきましょう。検索エンジン使用は情報をてに入れるための手段でしかないので、情報を探している人の手間を省く作業を意識することが重要です。 

私の場合、旅に関する記事を書き続けているので、やはり旅に関する記事は投稿後すぐにインデックス登録(Googleに認識される)され、検索エンジンで検索されるスタートラインには立てるのですが、いくつか旅には全く関係のない記事についてはインデックス登録されていないものも多数あります。

ということで、旅に関する専門性は少しずつ上がってきているのかな…と思っています。

 

信頼性については、私がもし、「最新:にほんブログ村に登録してアクセスアップ《はてなブログ編》」しか記事を書いていない状態でこの記事を完璧に書いていたとしても、この人本当にブログ運営しているの?となったりしますよね?

でも、この記事以外にも記事を書いている状態で、にほんブログ村の登録についての記事が実体験を基に完璧に書き上げられていたとしたら、それなりに信頼性は持たれるのかな…と思います。

 

上位表示にはドメインパワーも影響する

投稿後のインデックス登録についてドメインパワーはそんなに必要ではないんじゃないか?と思っていますが、やはり上位表示されるにはドメインパワーの重要性は増してきます。

 

ドメインパワーが高いということは、Googleが掲げる10の真実にそった良質な記事を投稿し続けているサイトということになります。

常に良質な記事を投稿し続けている人が、いきなり低質な記事を投稿するとは想像し難いですよね。

 

そういった意味でもドメインパワーが高いほうが上位表示には有利に働くというのは理にかなっていると思います。

 

そのため、私のようなドメインパワーの低い間は、良質な記事を書けたとしても、いきなり上位表示はされにくいのです。

その間は辛抱強く待ち、そして他の記事作成に取り掛かりましょう。

私は「最新:にほんブログ村に登録してアクセスアップ《はてなブログ編》」リライト後、その他の記事を1日1記事を目標に更新しています。いまのところ(笑)

 

記事の検索順位を把握する

 

サーチコンソールで記事の現状(検索順位)を把握

サーチコンソールは、ブログに読者さんが訪れる前の分析に使います。

・検索キーワード毎にどの位の順位なのか

・アクセス数はどの位か

・ブログの検索順位を下げる可能性がある問題が発生していないかの検証

引用:超初心者向け:Googleサーチコンソールとは?から設定まで【はてなブログ】

聞き飽きたかもしれませんが、検索エンジンからのアクセスアップを狙う上で避けて通れないのが、いかに検索結果に上位表示をさせるかということです。

そのため、自分の現在の検索順位の把握は現在地を知るということでとても重要です。

検索順位とは検索した結果の表示順です。

f:id:lifeishappy_right:20201109155839p:plain

 

この表示が上に来るほどクリックして読まれやすい記事であるということは、想像にたやすいことかと思います。

 

ちなみにこちらは今日「にほんブログ村 はてなブログ」で検索した結果となっており4番目に私の記事がありますが、リライトを行う前には全く私の記事は表示されていない状況でした。

 

このように4番目に表示されるような記事であれば、検索でも順位が何となく把握できるのですが、私の記事で上位表示されている記事はごく僅かで、ほとんどの記事は順位を調べるには気が遠くなるほどページを進めないといけません。

そんなことをするのは時間の無駄なので、サーチコンソールを使用します。

 

検索順位を調べる方法は、サーチコンソールやその他無料のツールもあったり、有料のツールもあったりしますが、個人ブログであればサーチコンソールで充分とのことです。

もちろん、個人ブログでも収益化を目指している方は、いずれ有料ツールを使用する事をオススメしている方も中にはいらっしゃいました。

 

サーチコンソールでの検索順位の調べ方

サーチコンソールの「検索パフォーマンス」にいき、「表示回数」「CTR」「順位」にチェックしてください。

f:id:lifeishappy_right:20201109210021p:plain

こんな低レベルな人の解説なの?と思った方!!逆に自信を持てますよね(笑)こんな低レベルな状態でも検索上位表示されることを証明できたのです。

チェックしたら下にスクロールして、「ページ」を選択後、検索順位を調べたいページのURLを選択します。

f:id:lifeishappy_right:20201109210239p:plain


その後「ページ」を選択していた部分を「クエリ」に戻すと引っかかったキーワードやそのキーワードでの検索順位(掲載順位)が表示されています。

それが現在の自分のブログの結果となります。

f:id:lifeishappy_right:20201109210348p:plain

 

また、検索順位が無料で簡単に調べられる、「検索順位チェッカー」というものもありますので、参考程度に使用してもいいかもしれません。

f:id:lifeishappy_right:20201109210506p:plain


検索順位チェッカーサイト:検索順位チェッカー - Google、Yahoo、Bingの検索順位を簡単チェック!!

ただ、一つ疑問が残っているのが、サーチコンソールと検索順位チェッカーの順位が微妙に違うのです。

そのため私は参考程度に使用している状況です。

 

記事のおさらい

 

◆ アクセスアップにはやはりSEO対策が必須

◆ キーワードを設定する

◆ 設定したキーワードで上位表示されている記事の分析

◆ 今の現状を把握することも大事よ♡

 

 

お疲れ様でした。

何事も早く答えの欲しい私としては、こんなに何回にも別けられての解説記事を読み続けるのは苦痛であること、重々理解しております(ρ_;)

ただ、一度に全てを書くには集中力が切れるという致命的な私の性格上の問題がありまして。

でも、検索結果の分析は時間がかかる作業なので、今日はここまでにさせて頂きました。

もっとスピードアップしたい方は、この記事の参考にしている書籍「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—」を購入することをオススメします。

なお、「【初心者限定】正真正銘全てゼロから始めるブログのアクセスアップ対策」について、実践してみて疑問が出た方お問い合わせいただければ、私の分かる範囲にはなりますが、お答えさせていただきます。もしくは、私が分からなくても一緒に解決できたらいいなと思っていますので、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせフォーム 

またこの続きが気になる方は、次回の記事も読んでいただければと思います。

この記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです♡