【初心者限定】正真正銘全てゼロから始めるブログのアクセスアップ対策:マインドマップ&記事作成(実体験&再現性超あり)

こんにちはヾ(^∇^)

3回に分けて書いてきた「【初心者限定】正真正銘全てゼロから始めるブログのアクセスアップ対策」シリーズですが、この記事で一旦最終回となります。

 

前回までのあらすじは、まず検索エンジンからのアクセスアップを目指すための準備、アナリティクスとサーチコンソールの登録をすることをお伝えしました。

参考:【初心者限定】正真正銘全てゼロから始めるブログのアクセスアップ対策(実体験&再現性超あり)

その後、SEO対策を学び、検索エンジンで上位表示されている記事の分析をしました。

参考:【初心者限定】正真正銘全てゼロから始めるブログのアクセスアップ対策:SEO対策(実体験&再現性超あり)

そして、この記事では記事作成までのお話をしたいと思います。 

【初心者限定】正真正銘全てゼロから始めるブログのアクセスアップ対策:マインドマップ&記事作成(実体験&再現性超あり)
 

f:id:lifeishappy_right:20201110201150j:plain 

検索結果の分析から結論を出す

前回の作業として検索上位の記事の分析をしましたが、その分析結果からどのような情報を記事に組み込めば良いかの結論を出します。

 

検証記事「最新:にほんブログ村に登録手順《はてなブログ編》」の結論は、 

◆ ランキングサイトについて

◆ にほんブログ村の登録方法

◆ にほんブログ村の使用方法

◆ にほんブログ村登録後の効果

 

この内容を組み込んだ記事を丁寧に書く。

にほんブログ村に登録したいと考えている人に、まずにほんブログ村が何であるか、そして登録する事によるメリット・デメリットを解説した上で、登録・運用方法+αで使用したほうがいい機能などの解説をする。

そして、にほんブログ村初期の登録方法には誰も触れられていない機能が一つあり、それについての解説を+αとして入れる記事を書こうという結論に至りました。

 

記事のマインドマップ(全体図・完成図)作成

アクセスアップ対策に使用している書籍「沈黙のWebライティング: Webマーケッターボーンの激闘」では「マインドマップ」の使用を促されます。

f:id:lifeishappy_right:20201110160436p:plain

マインドマップとは記事の全体図・完成図のことだよ♪

記事の全体図を最初に書くなんて大変そう…と思っていたんですが、意外にマインドマップを使い始めてからは、記事がスラスラ書けるようになりました。

そりゃそうですよね。家を建てるときだって設計図から作成しますもんね。

 

まずマップ上で記事に書くべきことを羅列するのですが、全体図が見えることによって、Aの解説はBの解説の後の方がいいな…とか、記事のバランスや構成を整えることができるので、今まではブログ編集画面でいきなり文章を書いて何もかもがごちゃ混ぜ状態だった記事の内容が、より順序だてて書けるようになりました。

そして前回の記事でも書きましたが、 「専門性」「網羅性」「信頼性」を忘れないでください。

参考:「専門性」「網羅性」「信頼性」を意識する

 

すごく見づらいかもしれませんが、上記マインドマップと照らし合わせて「最新:にほんブログ村に登録手順《はてなブログ編》」を分析しながら読んでいただければ分かりやすいかと思います。

 

マインドマップについては、細かい説明のしようがなく、とりあえず見よう見真似で作成するしかありませんので、研究していただければと思います。

 

ちなみに、分析の際もこのマインドマップを使用していて、「検索結果の分析」「検索意図の推測」「結論」「自分の記事」「備考」という形で一まとめのマップに仕上げています。

f:id:lifeishappy_right:20201110162014p:plain

 

このマインドマップについては、「沈黙のWebライティング: Webマーケッターボーンの激闘」に特典として付いているタイプのものを使用しているのですが、マインドマップの使用をしたい方は書籍を購入されるか、無料で使用できるマインドマップ:MindMaster - 無料ダウンロードもありますので、こちらを使用されるといいかと思います。

もちろんこの画像を参考にしてEXCELなどで作るのもありかと思います。

 

 

記事の作成

マインドマップの作成が完了したら、ここで始めて記事の作成となります。

まず作成したマインドマップの内容を全て記事編集画面に書き込み(羅列)します。

これは私のやり方ですので、自己流のやりやすい方法を見つけてくだされば問題ありません。

大事なのはマップ通りの記事作成です。

そして、マインドマップを記事に落とし込んだら、あとは文章を肉付けして、カスタマイズをされる方はカスタマイズをして記事の完成となります。

 

結果は辛抱強く待つ

最後はこれです。

前回の記事でも書きましたが、ドメインパワーが低いうちは評価されるまでに時間がかかります。

参考:上位表示にはドメインパワーも影響する

あるトップブロガーさんは、初心者のうちは新しい記事を書いてから3ヶ月ほど経たないと評価がわからないとおっしゃっていました。

 

そのため、なるべく早く答えの欲しい私は新しい記事ではなく、

・投稿してからかなり時間の経った記事

・ある一定期間は検索エンジンからの流入があった記事

のリライトで効果があるのかどうかを試してみたのです。

思うような結果を得られないのであれば、早いうちに方向転換したいですよね(笑)

 

インデックス登録確認

記事を書いて2,3日したら、インデックス登録されているかの確認をしてみてください。(数時間後でも登録されていることが多いです。)

 

インデックス登録されているか確認する方法は「サーチコンソール」を使用します。

サーチコンソールのURL検査でインデックス登録されているか確認したい記事のURLを入力すると、インデックス登録されている記事であれば下記のような画面になります。

f:id:lifeishappy_right:20201110171917p:plain

 

またインデックス登録されていない場合は、「公開URLテスト」をクリックするとインデックス登録可能かどうかの確認をしてくれます。

f:id:lifeishappy_right:20201110172417p:plain

 

少し前までは、「インデックス登録のリクエスト」という機能が使えていたのですが、現在使えない状況となっています。

 

とりあえず公開URLテストでインデックス登録可能と出れば、いずれはインデックス登録されるかと思いますので、ここも辛抱強く待ちましょう。

 

といえども、それでもインデックス登録されてない記事があるのが正直な現状です。

ただ、その記事に執着するもの面倒なので、今のところ放置して次の記事に進んでいる状況です。

これに関しては、調べる機会があったり何か変化がありましたら、また記事にして報告したいと思っています。そんな日が来るかどうかは未定ですが(笑)

 

記事のおさらい

 

◆ 検索結果の分析からユーザーの意図を満足できる結論を出す

◆ ユーザーの意図を満たす記事のマインドマップ作成

◆ マインドマップができたら記事を作成

◆ 結果は辛抱強く待とうね

 

私が書き続けている旅行情報は、皆さんもご存知の通りこのコロナ禍ではなかなかアクセス数を稼げるものではありません。

ただ、大幅なアクセスを狙った記事を書いたり収益に特化して自分の書きたい記事ではない記事を書き続けるということは恐らく性格上続かないのです。

そのため、今は積み上げ期間だと思って書いているのですが、また自由に旅行ができるようになったとき、極力多くの記事が多くの人の目に触れられる位置にいられるようにしておきたいわけです。

そのため、色々と試行錯誤しながら毎日記事を書いています。

 

今回書いた「【初心者限定】正真正銘全てゼロから始めるブログのアクセスアップ対策」シリーズは、「沈黙のWebライティング: Webマーケッターボーンの激闘」の631ページの中の1章、僅か84ページ分の検証結果になります。

ただ、この方法で新しい記事も書き続けていて、その中のいくつかは既に検索エンジンからの流入がある記事もあります。

 

また近々こういった検索エンジンからの流入のある記事を「沈黙のライティング」の2章、3章と試していこうと思っています。

結果が出次第、報告を兼ねてアクセスアップ対策記事を書きたいと思います。

皆様のブログのアクセスアップに少しでもお役に立てたら嬉しいです♡