デジタルノマドビザ:余暇を楽しみながら働くワーケーション【ジョージア】

どこにいても仕事ができるとしたら、あなたはどこを選択しますか?

この質問をされたとき、なんと答えるでしょうか。

 

2020年、COVID-19によって世界中が大きく変わりました。

人口の多い都市部で生活すること自体がリスクという見方もでてきたいま、恐らく働き方を見直す方も多いのではないでしょうか。

 

世界の国々はCOVID-19によってリモートワークが普及したことにより、住む場所に関する制約が薄れつつある今だからこそ、自分が理想とする住環境を国外に求める人も増えてくるだろうことを見越して、「デジタルノマドビザ」を発行する動きも出てきています。

 

この記事では、働き方の見直しをしている方、日本から少しはなれて生活してみたい方向けに、デジタルノマドビザが発行されている国:ジョージアのデジタルノマドビザ制度について詳しく解説したいと思います。

 
デジタルノマドビザ:余暇を楽しみながら働くワーケーション【ジョージア】
 
 

f:id:lifeishappy_right:20210101213947j:image

 

デジタルノマドビザ

デジタルノマドとは、就労場所を自由に選びながらITを活用して仕事をすることが可能な新しい働き方です。

住む場所・働く場所にとらわれずに自由に選択することができるのが特徴です。

 

基本的にはPCとネット環境が整っている場所であればどこでも仕事ができるので、Wi-Fiが利用できるカフェや、世界中にあるデジタルノマド向けに作られたコワーキングスペースなどで仕事をすることができます。

 

海外で一つの国に長く滞在する場合、ビザが必要になります。

日本国籍保持者は多くの国にビザなしで入国が可能ですが、その場合の滞在可能な期間は大体が30~90日になります。

短期間で転々としたいノマドワーカー(リモートワーカー)であれば、この滞在期間でも問題はないのですが、それ以上滞在したい場合は何かしらのビザが必要となります。

 

そんなデジタルノマドワーカー向けに特別に発給されるビザが「デジタルノマドビザ」になります。

 

デジタルノマドビザの発給対象は、それぞれの発給国によって多少の違いはありますが、大まかに特定の場所での就労が求められない勤務形態をとり、ITを使用して仕事をすることが可能な外国人が対象となっています。

 

ノマドワーカーが長期滞在可能な国

 

 ◆ ジョージア:Georgia

 ◆ エストニア:Eesti

 ◆ アンティグア・バーブーダ:Antigua and Barbuda

 ◆ バルバドス:Barbados

 ◆ バミューダ諸島:Bermuda

 ◆ ドイツ:Germany

 ◆ スペイン:Spain

 ◆ ポルトガル:Portugal

 ◆ チェコ共和国:Czech Republic

 ◆ メキシコ:United Mexican States

 

デジタルノマドビザを発給している国は、まだまだ少ないのですが、世界中で働き方が変わりつつある中で、これから少しずつ増えてくるのではないでしょうか。

また、デジタルノマドビザではないのですが、ノマドワーカーが比較的簡単に長期滞在できるビザを発給している国も含んでいます。

 

この記事では、ヨーロッパの国:ジョージアのデジタルノマドビザの詳細を解説します。

 

ジョージア:デジタルノマドビザ条件

デジタルノマドビザを発給開始したジョージアですが、実は日本国籍保持者であればビザなしで1年間滞在が可能な国なのです。

 

また、1年以内に隣国などへ出国すると滞在期間がリセットされ、入国時には再度1年間滞在が可能となるのも魅力的です。

ビザなしで1年間滞在できる条件は3つです。

 

 ◆ パスポート残存期間:6ヶ月以上

 ◆ パスポート未使用査証欄:2ページ以上

 ◆ 海外旅行保険加入必須

 
パスポート残存期間:6ヶ月以上

ジョージアに入国時にパスポートの期限が6ヶ月以上残っていることが必須となっています。

ノマドワーカーや海外旅行を頻繁にする方であれば、恐らく自分のパスポートの期限は結構敏感かと思いますが、念のため計画段階でパスポートの残存期限を確認しましょう。

私の友達は空港でパスポートの有効期限切れを知り、一人日本でお留守番となりました。

 

パスポート未使用査証欄:2ページ以上

パスポートの査証欄が見開きで2ページの未使用欄が必要です。

 

最近では、入出国時にスタンプを押さない国も増えてきましたが、海外を転々とされている方は、査証欄の未使用部分があるかどうかの確認をしましょう。

MEMO

今まで訪れた国で、査証欄の未使用ページの指定がある国はいくつかあったんですが、どの国も指定された未使用ページ全てを使用するなんて事がなかったのですが、何故必要なのかが分かりません(笑)

 

海外旅行保険加入必須

ジョージアでの滞在期間をカバーする海外旅行保険への加入が必須となっています。

大きな事故や怪我・病気などがなければ、大抵の場合クレジットカード付帯の海外旅行保険でカバーできます。

 

海外旅行1年分をカバーする保険に加入すると、ヨーロッパ滞在であれば安いところで20万円前後と結構なお値段がかかります。

 

日本での健康保険と考えると、全ての保険をカバーして20万円前後はかなり安いのですが、クレジットカード付帯の保険である程度カバーできることを考えると、どちらがいいのか迷いますが、自分に合った最適な保険を選択しましょう。

 

ジョージア:Georgia

 

ジョージアはカスピ海と黒海の間にあるコーカサス地方の国です。

かつてはロシア語の「グルジア」と呼ばれていた国で、ロシアとの関係悪化から日本では2015年より「ジョージア」という国名呼称に変更になりました。

北側にロシア、南側にトルコ、アルメニア、アゼルバイジャンと隣接しています。

 

コーカサス山脈の素朴な村の風景や黒海のビーチ、首都:トビリシの中世の街並みなどが非常に美しい国で治安が良く、食文化の豊かな国なので、長期滞在でも飽きることなくノマド生活がおくれる場所かと思います。

また、他のヨーロッパの国々と比べて物価も安いです。

 

アジアとヨーロッパの間に位置しているため、ヨーロッパへのアクセスが良く、シェンゲン協定などの滞在可能期間などとアレンジして、ジョージアに滞在しつつヨーロッパ各国を周るのも夢のようなノマドライフになるのではないでしょうか。

 

そもそも物価が安い国ですので、ホテルも低価格であるのですが、せっかくならAirbnbなどを使用して、個人宅を借りてジョージアの日常を体験するのもありですね。

Airbnb
 
Airbnb
開発元:Airbnb, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

f:id:lifeishappy_right:20210101214010j:image

 

まとめ

海外旅行好きにとってノマドライフは憧れではないでしょうか。

私自身もノマドワーカーに憧れ、少しずつ在宅ワークを取り入れている中で起こったCOVID-19による世界の働き方の見直しによって、やはり決められた場所に通勤しないといけないスタイルは早く卒業したいと強く思うきっかけとなりました。

 

もちろん通勤してこその仕事も多く存在していて、現状ではその仕事をなくすことはできないでしょうけど、この先どんどん働き方が変わり、自分の好きな場所で仕事ができる時代がきても何ら不思議ではありません。

 

100年足らずの人生、人や場所に縛られずに生きていけたらどれほどのストレスが軽減されるのだろうと、未来にワクワクしています♡

 

参考:「南の島で在宅勤務を」 各国が誘致、専用ビザも IT業界は居住地不問に(時事通信)