デジタルノマドビザ:余暇を楽しみながら働くワーケーション【エストニア】

どこにいても仕事ができるとしたら、あなたはどこを選択しますか?

この質問をされたとき、何と答えるでしょうか。

 

リゾート地に滞在しながらリモートワークをする外国人客を誘致を進める国や地域が相次いでいます。

 

その最たる業界といえばIT業界であり、「どこに住むかは社員の自由」という日本企業さえも出てきました。

 

そのきっかけといえば、やはり2020年のCOVID-19であり、人間生活全てに大きな影響を与えたのは言うまでもありません。

COVID-19によって、世界は大きく変わり、人口の多い都市部で生活すること自体がリスクという見方も出てきた今、働き方の見直しが一斉に行われています。

COVID-19が収まったとしても、COVID-19前の世界には戻らないことが想像に容易いかと思います。

 

COVID-19によってリモートワークが普及したことにより、住環境への制約が薄れつつある今だからこそ、自分が理想とする住環境を国外に求める人も増えてくることを見越して、「デジタルノマドビザ」を発行する動きが活発になっているのです。

 

この記事では、働き方の見直しをしている方、日本から少しはなれて生活してみたい方向けに、デジタルノマドビザが発行されている国:エストニアのデジタルノマドビザ制度について詳しく解説したいと思います。

 
デジタルノマドビザ:余暇を楽しみながら働くワーケーション【エストニア】
 
 

f:id:lifeishappy_right:20210102200544j:image

 

デジタルノマドビザ

デジタルノマドとは、就労場所を自由に選びながらITを活用して仕事をすることが可能な新しい働き方です。

 

住む場所や働く場所にとらわれずに自由に選択できることが特徴です。

 

基本的にはPCとネット環境が整っている場所であればどこでも仕事ができるので、Wi-Fiが利用できるカフェや、世界中にあるデジタルノマド向けに作られたコワーキングスペースなどで仕事をすることができます。

 

海外で一つの国に長期滞在をする場合は、滞在する国が定めたビザが必要になります。

日本国籍保持者は多くの国にビザなしで入国が可能ですが、その場合の滞在可能な期間は大体が30~90日になります。

 

短期間で転々としたいノマドワーカー(リモートワーカー)であれば、この滞在期間でも問題ないかもしれませんが、それ以上滞在したい場合は、何かしらのビザが必要となります。

 

そんなデジタルノマドワーカー向けに特別に発給されるビザが「デジタルノマドビザ」になります。

 

デジタルノマドビザの発給対象は、それぞれの発給国によって多少の違いはありますが、大まかに特定の場所での就労が求められない勤務形態をとり、ITを使用して仕事をすることが可能な外国人が対象となっています。

 

ノマドワーカーが長期滞在可能な国

 

 ◆ エストニア:Eesti

 ◆ アンティグア・バーブーダ:Antigua and Barbuda

 ◆ バルバドス:Barbados

 ◆ バミューダ諸島:Bermuda

 ◆ ドイツ:Germany

 ◆ スペイン:Spain

 ◆ ポルトガル:Portugal

 ◆ チェコ共和国:Czech Republic

 ◆ メキシコ:United Mexican States

 ◆ ジョージア:Georgia

 ◆ コスタリカ:Republic of Costa Rica

 ◆ ノルウェー:Kingdom of Norway

 

デジタルノマドビザを発給している国は、まだまだ少ないのですが、世界中で働き方が変わりつつある中で、この先少しずつ増えてくることが予想されます。

 

また、デジタルノマドビザではないのですが、ノマドワーカーが比較的簡単に長期滞在できるビザを発給している国は結構あります。

 

エストニア:デジタルノマドビザ条件

エストニア政府がノマドワーカーやリモートワーカー向けに「デジタルノマドビザ」発給開始をしたのは2020年7月になります。

 

電子国家であるエストニアでは2020年6月に「Alien Act(外国人法)」を改正して、デジタルノマドビザ制度に向けた取り組みを本格化しました。

エストニアが発給するデジタルノマドビザは、最長で1年間デジタルノマドワーカーとして同国で滞在することを許可するビザになります。

 

 ◆ 働く場所が自由に選択できる

 ◆ ITを使用してリモートワークできる

 ◆ エストニア国外の企業で働いている

 ◆ 申請前平均月収:€3504(約440,000円)

 

エストニア:デジタルノマドビザ申請公式サイト:Digital Nomad Visa | e-Residency

エストニア政府公式ブログ:Estonia’s Digital Nomad Visa is here!

 

働く場所が自由に選択できる

これは基本中の基本で、そもそも働く場所に縛られる方がノマドビザを必要とすることはまずないので、説明はありません。

 

ITを使用してリモートワークできる

こちらもリモートワークのできない会社勤めをしている方が、デジタルノマドビザを必要とすることはないと思いますので、説明はありません。

 

エストニアが誘致したいと思っているノマドワーカーは、主にIT、金融、マーケティング分野などで高度スキルを持つデジタルノマドであると記載がありました。

 

エストニア国外の企業で働いている

エストニア国外で登録されている会社と雇用契約を結んでいるか、海外で登録された自社を通じてビジネスを行っているなど、エストニア国外のクライアントのフリーランサーとして仕事をしていることが条件となります。

 

エストニア国内の企業であれば、また違ったビザが必要になりますので、デジタルノマドビザの条件には当てはまらないので気をつけてください。

 

申請前平均月収:€3,504(約440,000円)

デジタルノマドビザをエストニア政府に申請する際に、申請前6か月分の収入の平均月収が€3,504(約440,000円)以上であることを証明する書類を提出する必要があります。

 

世界中にいるデジタルノマドの収入は本当に差が激しく、どの程度の生活レベルを目指すかにもよりますが、月収20万円程度あればある程度の国でデジタルノマドとして生活をすることが可能です。

ただ、エストニアでデジタルノマドビザを取得するには、最低ラインが約440,000円となっています。

 

エストニア政府は、IT、金融、マーケティング分野などで高度なスキルを持つデジタルノマドを求めていると発信しているので、誰もが取得できるものでもないようです。

 

同じヨーロッパであるジョージアに比べて少し難易度が上がりますが、この条件を満たせばデジタルノマドとしてエストニアに滞在して、ヨーロッパ各国を周ることができるようになります。

関連記事:デジタルノマドビザ:余暇を楽しみながら働くワーケーション【ジョージア】

 

エストニア:Eesti

f:id:lifeishappy_right:20210102200555j:image

 

バルト3国のひとつで、面積は九州ほどの小さな国です。

 

首都:タリンは、最も優れた状態で中世の面影を残している街といわれていて、おとぎの国にも例えられています。

 

自然や古いものを大事にする一方で、無料通話ツールの先駆け的存在でもある「Skype」を生み出したIT先進国としても有名です。

スーパーの多くが無人レジであったり、ノスタルジーと未来が共存する魅力的な国です。

 

また世界的に物価の高い北欧の側にありながら、物価は外食を除いて日本より安く、生活しやすい印象です。

 

そもそも物価が安い国ですので、ホテルも低価格であるのですが、せっかくならAirbnbなどを使用して、個人宅を借りてエストニアの日常を体験するのもありですね。

Airbnb
 
Airbnb
開発元:Airbnb, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

f:id:lifeishappy_right:20210102200605j:image

 

まとめ

海外旅行好きにとってノマドライフは憧れではないでしょうか。

私自身もノマドワーカーに憧れ、少しずつ在宅ワークを取り入れている中で起こったCOVID-19による世界の働き方の見直しによって、やはり決められた場所に通勤しないといけないスタイルは早く卒業したいと強く思うきっかけとなりました。

 

もちろん通勤してこその仕事も多く存在していて、現状ではその仕事をなくすことはできないでしょうけど、この先どんどん働き方が変わり、自分の好きな場所で仕事ができる時代がきても何ら不思議ではありません。

 

100年足らずの人生、人や場所に縛られずに生きていけたらどれほどのストレスが軽減されるのだろうと、未来にワクワクしています♡

 

参考:サウナと自然と働く。エストニア「リモートワーカー向けビザ」がつくる未来の働き方 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)