クアンシーの滝:大自然の中にある天然のプール【ラオス:ルアンパバーン】

ラオスはルアンパバーンの旅で絶対訪れるべき場所の一つ、クアンシーの滝:Kuang Si Waterfall。

 

ルアンパバーンの中心から約30kmの場所にある、メコン川の支流となっている滝は、流れ落ちる水がとても綺麗と有名で、世界中の観光客の間で人気のハイキングスポットとなっています。

滝は何層にも分かれて流れ落ちているのですが、石灰岩でできた滝壺がそれぞれにあって、大自然のプールとなっています。

「ルアンパバーン 観光」などで検索すると、間違いなく乳白色のプールの写真を数多く目にするでしょう。

 

この記事では、そんな大自然の中にある天然のプール、クアンシーの滝を堪能する為に必要なこと全てを書きたいと思います。

 

クアンシーの滝に行く前に、ルアンパバーンで世界最大の托鉢体験をオススメします。

参考:ルアンパバーンで徳を積む:托鉢体験【ラオス】

托鉢で邪念を捨て、身も心もキレイにした状態でクアンシーの滝で癒される。

なんだか運気が上がりそうな気がしませんか。

 

クアンシーの滝:大自然の中にある天然のプール【ラオス:ルアンパバーン】
 

 

f:id:lifeishappy_right:20201113180526j:image
 

クアンシーの滝:基本情報

場所:ルアンパバーン中心から約29km

落差:50m

営業時間:8:00 ~ 17:00

入場料:20,000kp(約230円)

 

クアンシーの滝:行き方

クアンシーの滝はルアンパバーンの中心から約29kmの場所にあり、車で45~50分程度になります。

 

◆ トゥクトゥク・ソンテウ

◆ レンタルバイク

◆ ホテル・ホステルでの手配

◆ 現地ツアー会社

◆ オプショナルツアー予約サイト

 

トゥクトゥク・ソンテウ

これが最も旅行客が選択する行き方になります。

トゥクトゥク・ソンテウは、ルアンパバーンの至る所にいるので探すまでもなく、むしろ運転手から「クアンシー?」なんて声をかけてくる場合もありますので、そのまま交渉しても良いと思います。

長距離なので、ほとんどの場合がソンテウだと思うのですが、ソンテウとは軽トラの荷台が座席になっているタイプのものです。 

 

相場

1台貸切:150,000kp ~ 250,000kp

他の観光客とシェア:35,000kp ~ 50,000kp

一人旅女子、シェアする人がいない…と思いがちですが、結構一人旅の方が多くシェアできる人を探している方が多いので、そんなに困らないと思います。

 

これは私の個人的な感想ですが、ラオスは東南アジアあるあるのボッタクリがそんなに横行している印象を持ちませんでした。

全く商売っ気がないのか、多少上乗せ金額を言ってくる人もいるのですが、こちらが金額を提示するとアッサリOKしてくれることが多いです。

もちろん調子に乗って下げすぎないでくださいね。相手も生活があるのですから・・・

ただ、人によってはボッタくられたなんて経験談も聞きますので、私が出会った人がたまたま良かっただけなのか…その辺は不明です。

 

レンタルバイク

ルアンパバーンの中心であれば至る所にレンタルバイク屋さん?があります。

また、レンタルバイクの貸出をしているホテル・ホステルもあるので、まずは宿泊先に確認してみてください。

 

相場

24時間:100,000kp ~ 200,000kp

レンタルする際にはほとんどの場所で、パスポートとデポジットが必要となります。

注意

クアンシーの滝までの道のりの道路事情がとても悪く、陥没している場所がかなりあります。

他の東南アジアの国に比べて交通量はそこまで多くなく、そういった面での危険はあまりないかと思いますが、とにかく道路事情は悪いので、事故に遭わないようくれぐれも気をつけてください。

 

ホテル・ホステルでの手配

恐らくどこのホテルに宿泊してもクアンシーの滝送迎のツアーに申込めるかと思います。

ただ、宿泊場所によっては、手数料を取られたりすることもあります。 

 

相場

乗り合いミニバン:50,000kp~ 

 

現地ツアー会社

ルアンパバーンの中心にはツアー会社が多数あります。

そのほとんどは内容は全く同じですが、多少金額の違いがあるので、時間がある方はいくつかツアー会社を見てから決定しても良いと思います。

 
相場

乗り合いミニバン:40,000kp~

 

オプショナルツアー予約サイト

こちらはかなり割高になるので、あまり使用される方はいないかと思いますが念のため情報を記載しておきます。

 

お手軽観光!クアンシー滝とモン族の村半日ツアー <午前・午後/日本語/ルアンパバーン発着>US$62~

 

だいたいどのツアーもクアンシーの滝といくつかの観光地を巡るツアーになっています。

f:id:lifeishappy_right:20190715211627j:image

 

クアンシーの滝:ベストシーズン

クアンシーの滝を訪れるベストシーズンは、滝に迫力を求める方であれば雨季がオススメですが、12月~5月までの乾季の時期がオススメです。

多くの方が魅せられた写真の景色はほとんどが乾季に撮られたものが多いのですが、やはり観光シーズンということでかなり混雑しています。

 

そんな観光シーズンでも混雑を避けたい場合は、平日の朝早くに到着するように出発してください。

午前中はそこそこ空いていて、お昼前頃から多くの観光客が訪れます。

 

雨季の時期は、滝の迫力は満点ですが、遊泳ができない場合もあります。

私が訪れたのは雨季真っ只中の10月初旬でしたが、普通に泳いでいる方が結構いたので禁止はされてないのかな…という感じでした。

ただ、海外では禁止の看板がなく、自己責任的な部分も日本に比べて多いので、そこは判断を誤らないようにしてください。

 

クアンシーの滝:現地到着後

f:id:lifeishappy_right:20201113171105j:plain

クアンシーの滝への入り口で入場料を払い中に入ったら、20分ほど歩くとクアンシーの滝となります。

クアンシーの滝に到着するまでの道中にもいくつもライステラスのように段々になった小さな滝があるので楽しみながら歩けます。

本当に驚くほど美しいターコイズブルーの水辺があちらこちらにあります。

 

滞在時間の目安

だいたい往復送迎のツアーを申込むと、一緒に乗ってきた方々との話し合いで決まるかと思いますが、3時間前後の滞在が一般的かと思います。

実は、私は見ず知らずの人と時間を合わしたりすることが苦手でソンテウを完全貸切にして時間を気にすることなく観光したのですが、遊泳はせず2時間程度で満足しました。

 

遊泳可能な場所は3ヵ所

クアンシーの滝に到着するまでに大小様々な滝壺があるのですが、遊泳可能な場所は3ヵ所あります。

上記の園内マップを確認していただければ分かるかと思います。

案外マナーの悪い方もいて、遊泳禁止場所で遊泳している方もいますが、そこはモラルの問題ということで、最低限のマナーは守ってください。 

f:id:lifeishappy_right:20190715211531j:image

 

更衣室・シャワー

遊泳場所での更衣室はあるのですが、シャワーはありません。

ただ、海のようなベタベタ感はないので、特に問題ないと思います。

更衣室は園内マップのハンガーのマークがあるところで、全ての遊泳場所の側に用意されています。

また、バスタオルなどの貸出はしていないので、泳ぐ場合は必ず持参しましょう。

 

注意

◆ 肌の露出は気をつけて

仏教の国ラオスでは、あまり肌を露出することは宜しくないとなっている国です。

遊泳区域にビキニなど肌の露出禁止といった看板もあるのですが、遊泳している女性はほぼほぼビキニです。

これに関しては、厳格に禁止されているというわけではなさそうですが、そういった部分も少し頭においておきましょう。

 

◆ 岩場で足を切らないで

泳ぐ方はもちろんですが、何せ水が乳白色で透明ではないため、滝つぼの底が見えず足を切ってしまう方も結構いるようです。

サンダルなどを履くようにして足を切らないように気をつけてください。

 

シークレットプール

クアンシーの滝から更に上に登った場所に、とあるインフルエンサーの投稿によりネット上で爆発的な人気が出た「シークレットプール」なる滝壺があります。

人気が出たといえども、クアンシーの滝に比べてまだまだ訪れる人が少なく静かな時間を過ごせます。

 

行き方は、クアンシーの滝の端を渡りきって、左側の小道を正面に向かって進んでください。

そのまま道なり(綺麗に整備されていない箇所あり)に進むと木製の階段がある小道に到着したらそのまま頂上まで登ってください。

その階段が左に直角に曲がる直前に歩道を離れ小さな小川に沿って進むと小さな滝があります。

すると、こんな感じの景色があなたを待っています。

f:id:lifeishappy_right:20201113175209j:image


クアンシーの滝から30分位だったと思います。

最近では訪れる人も増えていますので、恐らく誰もいないということはないので、同じ方向に進んで問題ないかと思います。

 

晴れた日には頂上からルアンパバーンの田園地帯を観ることができ、観光客で賑わうクアンシーの滝周辺の騒々しさからは想像もできないほど静かな場所になっています。

 

ただ、通行禁止となっている場所に入っていく方の動画がかなり出回っており、そこも「シークレットプール」として紹介されています。確かにシークレットプールですが…

通行禁止看板がありますので、そこには行かないようにしましょう。ね?

 

食事はどこで?

クアンシーの滝の近くに「LeoGreen」というレストランがあります。

f:id:lifeishappy_right:20201113175215j:image

 

少し割高感はありますが、充分にお腹を満たしてくれるメニューがありますので、食事には困りません。 

f:id:lifeishappy_right:20201113175222j:image

 

また、クアンシーの滝の入場ゲートの外にも、いくつか飲食店やお土産屋さんや工芸品?などを売っているお店があります。

 

ツキノワグマに会える

クアンシーの滝の入場ゲートを入ってすぐの場所に、ツキノワグマ保護センターがあり、ツキノワグマに会うことができます。
入場ゲート入ってすぐなので動物園に入ったのか?と思うような感じです。
f:id:lifeishappy_right:20190715211513j:image 
この保護センターはFree the Bearsによって運営されていて、ここには保護された20頭以上のツキノワグマが暮らしています。
そのツキノワグマを無料で自由に観覧することができるのですが、代わりに寄付やTシャツの販売などから得られる収益で運営しているとの事なので、ぜひ気持ちだけでも寄付することをオススメします。
熊さんのためにも❤
 

まとめ

ルアンパバーンからクアンシーの滝までは1時間近く離れていますが、往復しても50,000kp前後で行けますので、ルアンパバーンを旅行する方には必ず訪れて欲しい場所の一つです。
 
なお、クアンシーの滝までは危険な道はそんなにありませんが、念のため歩きやすい靴で行くようにしましょう。
ラオスにヒールで訪れる人も少ないかと思いますが…
また、蚊が多いようで(私はあまり蚊に刺されない)、デング熱などの心配もありますので、虫除けスプレーなど持参して虫除け対策はしていくことをオススメします。
ホテルのロビーで仲良くなった欧米人がクアンシーの滝で虫に刺されたと大騒ぎしていました(笑)相当痒かったようで…
 
クアンシーの滝でたくさんのマイナスイオンに触れ、心も体もリフレッシュしてきてくださいね♡