【空港情報】ルアンパバーン国際空港-ラオス:ルアンパバーン 

ルアンパバーンの玄関、ルアンパバーン国際空港。

ルアンパバーンの中心部から約4kmとそんなに離れてなく、

国際空港といえども、かなり小さめの空港です。

  

そんなルアンパバーン国際空港についてまとめたいと思います。

 

(1)空港の基本情報 

f:id:lifeishappy_right:20190714012011j:image

 

ルアンパバーン国際空港はターミナルが一つしかなく、

国内線・国際線が同じターミナルでの運航となります。

 

大きな空港が苦手な私は大好きな空港です(笑)

時間に追われるのが苦手なの…それに加えて待つのも苦手なの。

かなりたっぷり目に時間に余裕を持って行動するんだけど、

大きい空港だと、その余裕な時間が小さい空港に比べて多く必要になる。

で、だいたい早くつきすぎるんだけど…

したら、待ち時間がとんでもなく長い(*- -)

だからって時間に追われる方がダメだから、やっぱり早く行く。

 

あの空港間をモノレールとかで移動しなきゃいけないとか、

本当やめて欲しいって思ってるタイプ(笑)

 

おっと、話がそれました。

 

そんな小規模国際空港とあって、定期便で乗り入れているエアラインは数少なく、

東南アジア系の航空会社のみとなっています。

 

(2)ビザは必要?費用は? 

2007年1月1日より日本人が観光目的で入国し、15日間の滞在までであればビザは不要となっております。

 

また、入国の際にパスポート残存有効期限が6ヶ月以上ある事が条件となります。

 

15日以上30日以内の滞在希望の場合は、

在日ラオス大使館で申請できますが、

ラオス到着後空港にてアライバルビザ取得が可能となっているので、

ラオス到着後のほうが手軽だと思います。

注意:ビザ無しで入国後の延長滞在は不可となっていて、一旦ラオスを出国→再入国する必要があります。

再入国については緩く、第三国に出てしまえば再度15日間の滞在が可能となります。

 

《ビザ申請時必要書類》

ビザ申請書

・6ヶ月以上の残存有効期限のあるパスポート

・写真(3.5×4.5cm)2枚

・申請手数料:$30(休日及び時間外は$31)

 

《アライバルビザ可能な空港及び国境》

ヴィエンチャン・ワッタイ国際空港

ルアンパバーン国際空港

・パクセー国際空港

・サワンナケート国際空港

・タイ・ラオス友好の橋(ヴィエンチャン ⇔ ノンカイ)

・ワンタオ(ラオス)⇔ チョンメック(タイ)

・サワナケット(ラオス)⇔ ムクダハーン(タイ)

・フェイサイ(ラオス)⇔ チェンコーン(タイ)

・ターケーク(ラオス)⇔ ナコンパノム(タイ)

・ボーテン(ラオス)⇔ ボハン(中国)

・ナムパオ(ラオス)⇔ カオチェオ(ベトナム

・デーンサワン(ラオス)⇔ ラオバオ(ベトナム
・ナムグゥン(ラオス)⇔ ホアイコン(タイ)

(3)日本からの直行便は?到着ターミナルは? 

冒頭でも触れたように、

まず日本からの直行便はありません。

恐らくベトナム航空でベトナム経由が最短で到着できるエアラインだと思います。

 

その他は、タイ・シンガポール・マレーシアなどからも直行便があります。

が、日本出発だと、この三国だと遠回りになります。

 

(4)入出国時の混雑状況は? 

とても小さな空港で、同時に何機も到着便があるわけではないので、

ほとんど混雑と言う混雑はしないと思って大丈夫です。

 

ただのんびりなお国柄もありますので、

イミグレでは多少待たされる事があるかもしれません。

それでも、何十分も列に並んでいるなんて事はないと思います。

 

(5)両替は? 

ラオスの通過はキープ(kip)ですが、

ラオス以外ではほとんど出回ってないため、ラオス到着後両替してください。

 

到着ターミナルに小さいですが両替所があります。

ほとんどの国で空港での両替はレートが悪いのが通例ですが、

ルアンパバーンに関しては、空港と市内での違いがありません。

 

むしろ市内のメイン通りの両替所よりもレートがいい事が結構あるので、

迷わずここで両替していく事をオススメします。

 

(6)空港から市内への行き方は? 

空港から市内まで4kmあります。

移動手段は乗り合いタクシーオンリーだと思ってください。

 

もちろん…旅人的に歩けなくない距離ではあるんですが…

 

到着ロビーにタクシーチケットカウンターがありますので、

そこでチケットを購入します。

 

一人:50,000kip(約¥620)

おっと、物価の安いラオスにしては高い…

 

乗り合いタクシーと言う事で、3人くらい一まとめで運んでくれます。

と言う事は、自分一人だけ…とかだと人数が集まるまで待たされます。

すぐに見付かるとは思うのですが。

 

私はたまたまその事を知っていた欧米人客に手前で声を掛けられ、便乗させてもらいました。ラッキーヽ(‘ ∇‘ )ノ

 

空港から市内まで15分程度で到着するのですが、

全員のホテルを回るので、最後になった人は30分から1時間くらいは見ておいたほうが良いと思います。

私は便乗させてもらった挙句、一番最初に降ろしてもらいました(笑)

 

なお、帰りについてですが、

大抵ホテルであればタクシーを呼んでくれるor送迎があると思うのですが、

基本的にタクシーを呼んでもらっても50,000kipです。

 

町中でトゥクトゥクに交渉しても、

安くなって40,000kipだと思われます。

 

気をつけてほしいのが、

50,000kip以上払った人も結構いたりして、

それがボッたくられてるのか、それともそのホテルの価格設定がそうなのかは分かりませんが、

とにかく一人で50,000kip以上であればちょっと高いんじゃない?と疑ってもいいと思います。

ただ、途上国って頻繁に価格変動があるので、

一概にこれ以上だと高いとは言えないのですが・・・

 

(7)Wi-Fiは? 

一応…一応飛んでます。レベルで考えておいてください。

かなり遅いです。

 

この広い世界・・・Wi-Fiの飛んでない空港だってあるわけだし、

飛んでるだけでもありがたいかと(笑)

 

(8)喫煙所は? 

到着後は到着ロビー外にあります。

そして出国後は飛行機の搭乗ロビーの外にあります。

 

(9)空港周辺のホテルは? 

そもそもルアンパバーンでトランジットホテルを探す人などいませんよね。

 

(10)飲食店は? 

カフェがありますが、小さなカフェで、

出発便がいくつか重なると、いや、重ならなくても、すぐに満席になります。

 

お腹が空きそうな方は、市内でお腹を満たして空港に向かいましょう

 

(11)お土産は充実してる? 

してません(笑)

多少のお土産は売っていますが、

町中で売っているような物を空港で買えばいいや。なんて思って空港に向かわない事ですね。

恐らく、買えずに出国となるでしょう・・・

 

注意点: 

特になし。なんですが、

東南アジアあるあるのトゥクトゥクの運転手は少し高めの金額を言ってきたりする事がありますが、

法外な金額を言う人は本当にいない感じでどこか控えめです。

こちらが色々な人のブログで調べた価格を伝えると、アッサリOKしてくれます。

全然商売っ気がないです(笑)

 

ナイトマーケットのおばちゃんは控えめとは程遠い人が多かったですが・・・

それでも観光客から少しでも多くお金を取ってやろう!的な空気は全くありません。

 

なので、あまり値下げしないであげて・・・ほしいなヾ(▽⌒*)

 

それではルアンパバーンで素敵なラオライフを楽しんできてください♡