トレド観光:もしスペインに1日しかいられないのなら、迷わずトレドに行け!【スペイン】

スペイン中部のカスティーリャ=ラ・マンチャ州にあるスペインの古都「トレド:Toledo」は、1986年にトレド大聖堂など旧市街全域が「古都トレド」としてユネスコ世界遺産に登録され、「もしスペインに1日しかいられないなら迷わずトレドに行け!」などといわれるほど魅力的で有名な都市です。

 

トレドはマドリードから南に約71kmほどのところにあり、マドリードから日帰りでも充分に訪れることのできる場所です。

もちろん時間が許すのであれば宿泊をオススメします。

この記事ではそんなスペインの古都「トレド」観光の見どころなど全て徹底ガイドしますので、是非トレド観光に役立てていただけたら嬉しいです。

 
トレド観光:もしスペインに1日しかいられないのなら、迷わずトレドに行け!【スペイン】
 
 

f:id:lifeishappy_right:20201125190745j:image引用:wikimedia

 

トレド:Toledo

トレドは三方をタホ川に囲まれた平原地帯の丘の上にある古代都市であり、カスティーリャ=ラ・マンチャ州の州都として栄えている城塞都市です。

中世時代に建てられた「イスラム教」「ユダヤ教」「キリスト教」の歴史的建造物でも有名です。

また、スペイン美術の巨匠といわれる画家のエル・グレコ(El Greco)が愛した街としても有名で、16世紀にグレコが描いた風景画と変わらない姿を維持しています。

 

トレド:歴史

この場所では先史時代から人々が生活をしており、ローマ帝国時代には「トレトゥム」と呼ばれていました。

その地形から天然の要塞として名を馳せたこの街は、6世紀に西ゴート王国の首都となり、8世紀~11世紀にはイスラム勢力のウマイヤ朝の支配下となります。

 

その後レコンキスタ(Reconquista)でキリスト教国のカスティーリャ王国の首都になるなど、時代と共に常に様々な勢力の中心地として発展してきました。

1561年、フェリペ2世がトレドからマドリードに宮廷を移すと、マドリードが首都となり、トレドは緩やかに衰退を始め、現在に至っており「中世で歩みを止めた町」と言われています。

 

そしてその歴史的背景から、キリスト教・イスラム教・ユダヤ教が共存する独自の文化が育まれてきました。

また、1577年頃ギリシャ人の画家エル・グレコがトレドに定住し、1614年に亡くなるまで数多くの傑作を残し、現在ではトレドとエル・グレコはいつも結び付けて語られるようになりました。

そんな歴史を経て、1986年には、トレド大聖堂など旧市街全体が「古都トレド(Historic City of Toledo)」としてユネスコ世界文化遺産に登録されました。

参考:Historic City of Toledo - UNESCO World Heritage Centre

 

トレド:ベストシーズン

夏は暑く冬はとても寒いので、春と秋が快適でベストシーズンです。

天気は、3月と11月は比較的雨が多く、8月が最も雨の少ない月となっています。

私が訪れた4月末頃は結構寒かったのですが、お天気は良かったので、防寒対策さえして行けば、観光には適しているのかなと思います。

基本的にゴールデンウィーク中のヨーロッパはダウンコートを着ていてもいいくらいの気候です。

f:id:lifeishappy_right:20190708225806j:plain 

トレド:観光

各地からトレド駅に到着したら、観光の拠点となる「ソコドベール広場 :Plaza de Zocodover」まで2km弱となっていて、タクシーやバスが駅前に停車しているのですが、せっかくなので徒歩で行くことをオススメします。

 

ムーア様式を用いた「ビサグラ門:Puerta de Bisagra Nueva」とムデハル様式を用いた「太陽の門(Puerta del Sol)」は旧市街地への入口となっていて、ここを入ると中世の街トレド観光のスタートです。

 

また、トレドの観光案内所はソコドベール広場とアユンタミエント広場(Plaza del Ayuntamiento:市庁舎前広場)の2ヶ所にあるので、マップなど必要な方はそちらで収集しましょう。

 

「もしスペインに1日しかいられないなら迷わずトレドに行け!」といわれている通り、トレドは1日あれば観光ができるのですが、日中と夜では全く違う姿を魅せてくれますので、一泊以上することをオススメします。

 

トレド駅:Estación de Toledo

f:id:lifeishappy_right:20190708225812j:plain

 

1858年に造られた駅です。

キリスト教とイスラム教の建築様式が融合したムデハル様式の駅舎で、駅構内のイスラム風の窓を彩るステンドグラスから差し込む太陽光に照らされた美しさにトレド到着後すぐに感動します。

 

ソコドベール広場:Plaza de Zocodover

トレドの観光の拠点となる場所です。

広場を囲うようにたくさんのカフェやレストランもあり、多くの観光客で賑わっています。

また、旧市街地を1時間ほどかけて1週する「ソトコレン」もここから乗車できたり、バスやタクシーなど観光の足になる交通機関がここを拠点に走っていますので、徒歩がきつい方は最適な交通機関を選択してください。

 

ソコトレン:Zocotren

f:id:lifeishappy_right:20201125190759j:image

 

列車型のミニバス。

ソコドベール広場から橋を渡り、タホ川に沿ってトレドの町を右回りで外周しています。

オススメは進行方向に向かって右側の席に座ることです。 

運行時間 夏季:10:00~22:00 / 冬季:10:00~17:00
1時間2便(10月~3月は1便)
所要時間 約45分
料金 €7

また途中下車は不可ですが、「ミラドール・デル・バジェ展望台(Mirador del Valle)」で10分ほど停車しますので、絶景での写真撮影など楽しめます。

チケットはソコドベール広場に列車のような造りの露店で販売しており、乗車場所はソコドベール広場から左側の坂を上った「アルカサル(Alcázar de Toledo)」の横となっています。

f:id:lifeishappy_right:20201125190808j:image

 

Bus Turistico

f:id:lifeishappy_right:20201125190829j:image

2階建ての観光バス。

ソコドベール広場からトレド駅や展望台などに寄りながら旧市街を一周しています。

途中下車も可能ですので、観光の足に便利です。

運行時間 夏季:9:40~18:05(3月~9月の金~日曜日は21:05まで)
1時間1便
所要時間 約1時間
料金 1回:€5.50 / 1日券:€9

 

タクシー

時間の制約が厳しい方はタクシーをオススメするのですが、タクシーはミラドールまで連れて行ってくれるのですが、撮影タイムは設けていないと断られることもあるそうです。

そのため、そこで下車してミラドールを楽しんだあと、帰りのタクシーがなく結局歩いて帰る羽目になったという方もいます。

時短目的でタクシーに乗ったのに、結局タイムロスとならないように乗車前にタクシーの運転手さんと交渉するなど、気をつけてください。

 

アルカンタラ橋:Puente de Alcántara

f:id:lifeishappy_right:20201125190839j:image引用:wikimedia

 

アルカンタラ橋はタホ川に架かるローマの石の橋で、「アルカンタラのトラヤヌス橋(Trajan's Bridge at Alcantara)」とも言われています。

ローマ皇帝トラヤヌスの命令によって、104年から108年に造られ、中央の橋脚の上にあるアーチ道に「私は永遠に続く橋を造った(Pontem perpetui mansurum in saecula)」と記されているそうです。

 

ミラドール・デル・バジェ展望台:Mirador del Valle

f:id:lifeishappy_right:20190708225827j:plain

 

エル・グレコも愛したトレドを一望できる絶景ポイントです。

どのガイドブックを見ても必ずこの景色の写真が使われています。

また、日中も素晴らしいのですが、ここからの夜景観賞では日中とは全く違ったトレドの美しさを目の当たりにします。

日中と夜両方の景色を楽しんでください。

 

サンタ・クルス美術館:Múseo de Santa Cruz

f:id:lifeishappy_right:20201125190849j:image引用:公式サイト


トレドの大司教だった 枢機卿ペドロ・ゴンザレス・デ・メンドーサ(PedroGonzález de Mendoza) の意思を受け継ぎ、イサベル女王が完成させた病人や孤児のための事前施設だった建物です。

エル・グレコの傑作、「無原罪の御宿り(Immacolata)」や「聖母の被昇天(Assumption of Mary)」などの展示があります。 

開館時間 夏季:月~土曜日:10:00~18:00
日祝日:9:00~15:00
休業日 1月1・6・23日、5月1日、12月24・25・31日
入場料 1回:€4
入場無料 水曜日16:00~、日曜日、5月18・31日
アクセス ソコドベール広場から徒歩5分

公式サイト:Museo de Santa Cruz | Portal de Cultura de Castilla-La Mancha

 

アルカサル(軍事博物館):Alcázar de Toledo

f:id:lifeishappy_right:20201125190858j:image引用:wikimedia

 

トレドの町の中央に聳え立つ建物で、3世紀にローマ帝国の宮殿として建てられ、11世紀にトレドを再征服したアルフォンソ6世とアルフォンソ10世によって13世紀から16世紀にかけ大幅に改築されて現在のアルカサルの姿となりました。

1936年の市民戦争時はモスカルド大佐率いるフランコ軍が72日間に渡って立てこもっていました。

現在は軍事博物館となっており、スペイン国王の多数のコレクションの展示や、地下にはフランコ軍の家族が立てこもった跡が残されています。 

開館時間

10:00~17:00

※入場は閉館時間30分前まで

休業日 1月1・6日、5月1日、12月24・25・31日
入場料 €5
入場無料

日曜日、3月29日、4月18日、5月18日、10月12日、12月6日

18歳未満及び65歳以上のEU国籍保持者

アクセス ソコドベール広場から徒歩5分

公式サイト:Inicio - Web Oficial de Turismo Ayto. Toledo

 

トレド大聖堂:Santa Iglesia Catedral Primada de Toledo

f:id:lifeishappy_right:20190708225832j:plain

 

1226年にフェルナンド3世時代に建設が始まり、約270年の歳月を経てカトリック両王時代の1493年に完成したスペイン・ゴシック様式の大聖堂です。

その後、時代に応じて増改築がされ、オリジナルの部分が少なくなっていますが、その芸術性の高さは各時代のアーティストたちによって維持されてきました。

ちなみに2026年完成予定の「サグラダ・ファミリア」でさえ約150年なのでとんでもなく長い年月をかけて完成した大聖堂です。

 

本堂に入って左奥には宝物室があり、16世紀初頭のエンリケ・アルファによる総重量200kgに及ぶ金・銀・宝石などで細工された3mの聖体顕示台が置かれています。

また、本堂中央にある聖歌隊席には、アロンソ・ベルゲーテによってグラナダ戦争の場面が細かく彫られています。

エル・グレコの「聖衣剥奪(El Expolio)」をはじめとした宗教画などの芸術作品が数多く飾られています。

 

開館時間

月~土曜日:10:00~18:00

日曜日:14:00~18:00

※日曜日の午前中はミサのため入場不可です。

休業日 1月1日、12月25日、その他(事前通達有)
入場料

博物館:€10

塔などを含む共通券:€12.50

入場無料

なし

アクセス ソコドベール広場から徒歩2分

 

公式サイト:Catedral Primada Toledo

 

サント・トメ教会:Iglesia de Santo Tomé

f:id:lifeishappy_right:20201125190916j:image引用:公式サイト

 

14世紀のムデハル様式の塔があるこの教会はエル・グレコの最高傑作といわれている「オルガス伯爵の埋葬(El entierro del Conde de Orgaz)」を所蔵していることで有名です。

この絵画はトレド出身のオルガス首長ドン・ゴンサロ・ルイスが死去したときの伝説を題材としたものです。

非常に大きな作品で、絵画の下部は聖アウグスティヌスと聖ステファヌスが地上(現世)に下りて遺骨を埋葬していることを表したものです。

また上部には雲上(天界)のキリストと聖母マリアにドン・ゴンサロ・ルイスの魂が天使によって捧げられている場面が描かれています。

 

この作品は、サント・トメ教会から出すことが禁止されている絵画で、この教会に訪れない限り見ることのできない作品となっています。 

開館時間 3月1日〜10月15日:10:00〜18:45
10月15日〜2月28日:10:00〜17:45
※チケット販売は閉館20分前までです。
休業日 1月1日、12月25日
入場料 1回:€3
入場無料 なし
アクセス ソコドベール広場から徒歩12分

公式サイト:Santo Tomé - TOLEDO MONUMENTAL

 

エル・グレコ美術館:Museo del Greco

f:id:lifeishappy_right:20201125190925j:image引用:wikimedia

 

エル・グレコが住んでいた住居付近の廃墟をベガ・インクラン(Vega Inclán)伯爵が買い取って修復した建物で、実際にはエル・グレコが住んでいたわけではないのですが、「グレコの家」ともいわれている建物です。

16~17世紀の家具や調度品を置き、アトリエや書斎などを再現していて、その一部が美術館となっており、エル・グレコの傑作「トレドの景観と地図(Vista y plano de Toledo)」や晩年に描かれた「聖終ペドロの涙(Las lágrimas de san Pedro)」などが展示されています。

開館時間 3月1日~10月31日:9:00~19:30
11月1日~2月28日:9:30~18:00
日祝日:10:00~15:00
休業日 1月1・6日、5月1日、12月24・25・31日、地元の祭日
入場料 1回:€3
入場無料 土曜日14:00~、日曜日、4月18日、5月18日、10月12日、12月6日
アクセス ソコドベール広場から徒歩12分

公式サイト:El Museo del Greco - MUSEO DEL GRECO

 

トランシトユダヤ教会:Sinagoga del Tránsito

f:id:lifeishappy_right:20201125190937j:image引用:wikimedia

 

旧ユダヤ人街にあるトランシト教会は、残酷王ペドロ1世の財務官を務めたユダヤ人のサムエル・ハ・レビによって、14世紀に建てられたムデハル様式のユダヤ教会です。

1492年にユダヤ人が追放された2年後、カラトラバ騎士団の礼拝堂として使われていた建物で、上部には小さなアーチが集まってできた54の窓が配置されており、その装飾帯にはイスラエルの神、ペドロ1世、サムエル・ハ・レビを称える聖句が刻まれています。

1877年にスペイン政府より重要文化財の指定を受けています。 

開館時間 11月~2月:9:30~18:00
3月~10月:9:30~19:30
通年日・祝日:10:00~15:00
※チケット販売は閉館15分前まで
休業日 月曜日・1月1・6日、5月1日、12月24日・25・31日、その他
入場料 €3
入場無料 土曜日14:00~、日曜日、4月18日、5月18日、10月12日、12月6日
アクセス ソコドベール広場から徒歩15分

公式サイト:Museo Sefardí - Sinagoga del Tránsito

 

サンタ・マリア・ラ・ブランカ教会:Sinagoga de Santa María La Blanca

f:id:lifeishappy_right:20201125190952j:image引用:wikimedia

 

トレドにある最古で最大のシナゴーグ(ユダヤ教の礼拝堂)です。

かつてトレドのユダヤ人街には10ものユダヤ教会があったそうなのですが、現存するのはトランシト教会とここのみとなっています。

1405年にキリスト教会となり、現在の名前に改名され、16世紀には改修されていますが、内部は当時の面影を残したイスラム様式となっています。

開館時間 3月1日~10月15日:10:00~18:45
10月16~2月28日:10:00~17:45
休業日 1月1日、12月25日 / 12月24日・31日:13時閉館
入場料 €3
入場無料 なし
アクセス ソコドベール広場から徒歩15分

公式サイト:Antigua Sinagoga de Santa María la Blanca

 

サン・フアン・デ・ロス・レージェス修道院:Monasterio de San Juan de los Reyes

f:id:lifeishappy_right:20201125191003j:image


1476年のトロの戦いでイサベル女王とフェルナンド2世が、ポルトガル軍に勝利したことを記念に建てられた、ゴシック様式とムデハル様式が融合したスペインのイサベル様式の教会です。

修道院の回廊は1階がゴシック、2階はプラテレスコ、そして天井はムデハルと様々な様式が調和していて、アラベスク模様の柱や八角天井の筋状の模様などアラブ調の模様が印象的な教会です。 

開館時間 10月16日~2月28日:10:00~17:45
3月1日~10月15日:10:00~18:45
休業日 12月25日、1月1日
12月24日・31日:12時閉館
入場料 €2.80
入場無料 なし
アクセス ソコドベール広場から徒歩15分

公式サイト:San Juan de los Reyes

 

ビザグラ新門:Puerta de Bisagra Nueva

f:id:lifeishappy_right:20201125191012j:image引用:wikimedia


古都トレドの観光のスタート地点であり旧市街地の出入り口です。

この門を潜ると、城壁に囲まれた古都トレドの町がスタートします。

 

トレド:モデルルート

どうしても短時間での観光しかできない方や宿泊する時間のない方向けに、無駄なくここだけは…というルートになります。

ルート

ソコドベール広場→サンタ・クルス美術館→アルカサル(軍事博物館)→トレド大聖堂→サント・トメ教会→エル・グレコ美術館→トランシトユダヤ教会→サンタ・マリア・ラ・ブランカ教会

 

このルートに追加で、観光バスなどを利用してミラドールに向かってください。

ミラドールは外さないで!!

 

トレド:レストラン

 
トレド郷土料理

うずら料理:Codorniz a la toledana

カルカムサ:Carcamusas

ベナド:Venado

◆ うずら料理:Perdiz a la toledana

うずらを赤ワインとビネガーで煮込んだ料理です。

 

◆ カルカムサ:Carcamusas

牛や豚肉を使った煮込み料理です。

レストランでおつまみとして食べるのが一般的のようです。

 

◆ ベナド:Venado

鹿のお肉をコニャックやブランデーで調理したお料理。

少し、かなり癖のある料理なので、好き嫌いは分かれると思います。

 

ラ・アバディア:La Abadía Cervecería Artesana

地下の隠れ家風レストラン&ビアホールになっていて、トレドで定番のお店です。

トレドの郷土料理や、ビール一杯につき必ず付いてくるタパスなど、オススメのお店です。

営業時間 8:00~24:00
ランチ:13:00~16:00 / ディナー:20:00~24:00
定休日 なし

公式サイト:Cervecería Abadía – Vive Toledo cada día

 

メソン・ラ・オルサ:Meson La Orza

伝統料理のレストランで、この地方のワインも豊富に揃っています。 

営業時間 ランチ:13:30~16:00 / ディナー:20:30~23:00
定休日 水曜日・日曜日ディナー

公式サイト:Restaurante | La Orza

 

Taberna el Botero

地元の人に人気の典型的なスペイン料理のレストランです。

タパスの評価もよく、人気がたかが故にいつも混雑しているようです。 

営業時間 ランチ:月曜日:12:00~17:00
水・木・日曜日:12:00~25:00
ランチ13:00~16:00 / ディナー21:00~23:30
定休日 火曜日

公式サイト:Taberna Botero

 

 

トレド:お土産

トレドの旧市街地を歩いていたら、お土産を買えそうな可愛い雑貨店もたくさんあるので、お土産選びには困らないと思います。

トレドの名産を選びたい方向けにピックアップしてます。

 

マサパン:Mazapan

f:id:lifeishappy_right:20201125191026j:image


トレドの伝統銘菓「サント・トメ(Santo Tomé)」のマサパンが有名です。

アーモンドとハチミツを練って作られたお菓子です。

公式サイト:Santo Tomé Obrador de Mazapán en Toledo desde 1856

 

ダマスキナード:damasquinado

金銀を巧みな技術で象嵌加工したトレドの伝統工芸品です。

ペンダントやピアスなどのアクセサリーやキーホルダーなどお土産にしやすい工芸品が豊富に揃う「エル・シモン(L Simón)」のダマスキナードがオススメです。

公式サイト:https://www.facebook.com/ANAYSAGRA.SIMON/

 

割れない陶器

トレド近郊では、13世紀以前より陶器製造が盛んで、割れにくい陶器が作られているそうです。

そんな割れにくい陶器のお店「Cerámica J Serrano」がオススメです。

公式サイト:Cerámica artística de Toledo J. Serrano

 

トレド:ホテル

 

パラドール デ トレド :Parador de Toledo

トレドの旧市街地が一望できるホテルです。

人気のホテルで満室になっていることが多いので、宿泊できたらラッキーです。

 

ホテル アルフォンソ ビ (Hotel Alfonso VI)

古都トレドの中心部に位置する伝統的なホテルです。

アルカサルの向かいにありトレド大聖堂から300mのところにあります。

 

ホテル・カルロスV:Hotel Carlos V

トレドにある3つ星のビジネス向けホテルです。

観光に便利な立地であれば、特にホテルにこだわりがないという方向けです。

 

 

 

トレド:アクセス

トレドまでのアクセスはいくつかの方法がありますので、最も最適な方法を選んでトレドに訪れてください。

 

◆ 鉄道

◆ バス

◆ 現地オプショナルツアー

 

レンフェ:高速鉄道

マドリードからトレドへは、スペイン最大規模の駅:プエルタ・デ・アト―チャ駅から鉄道「AVANT」という高速列車でのアクセスが最短で簡単に行けます。

アトーチャ駅は高速列車を運行している「プエルタ・デ・アト―チャ駅」と近郊線を運行している「アト―チャ・セルカニアス駅」がありますので、間違えないように気をつけてください。

所要時間:約30分

料金:片道:€12.90 / 往復:€20.60

スペイン国鉄:Renfeの予約方法は下記記事にまとめていますので、そちらを参考にしてください。

参考:スペイン国鉄:Renfe(レンフェ)の予約方法【ヨーロッパ】

当日でも列車のチケットは購入可能ですが、朝早い時間を除いてとても混雑しています。

また、乗車希望時間帯の列車が満席ということもあるそうなので、事前予約がオススメです。

 

バス

マドリードからバスで向かう場合は、ALSA社が運行するバスがあります。

バスは早朝から深夜まで約30分おきに出ているので、トレドを1日ゆっくりと楽しみたい方はバスでの移動もありだと思います。

予約も特に必要なく、バスターミナルに直接行って乗車することが可能ですので、突然の予定でも問題ありません。

所要時間:直行:60分 / 経由:90分6

運行時間:平日:6:00~24:00 / 土曜日:6:30~24:00 / 日曜日:8:00~24:00

料金:片道:€5.58 / 往復€10.05

出発場所:プラサ・エリプティカ(Plaza Eliptica)駅バスターミナル

公式サイト:Hasta donde tú quieras - Alsa

難点はバスターミナルがマドリードの中心より少し離れていることです。

 

現地オプショナルツアー

個人での移動など不安な方はオプショナルツアーも日本の旅行会社を通して多数用意されていますので、最適なツアーを選んでください。

 

◆トレド半日観光

2か所入場+展望台観光付き!世界遺産トレド 半日観光ツアー<トレド離団可/午後/日本語/マドリード発>

 

◆トレドを含む複数観光

アルカサル+2か所入場!世界遺産トレド&セゴビア 1日観光ツアー<フラメンコ鑑賞付/日本語/マドリード発>

 

トレド:あれこれ

コインロッカー

コインロッカーはトレド駅にはなく、旧市街地北側のバスターミナルにあります。

f:id:lifeishappy_right:20201125211359j:image

 

まとめ

個人的な意見になりますが、マドリードに時間を使うのであれば、そのままトレドに向かいトレドで滞在する方がオススメです。

というくらい、トレドは魅力溢れた町でした。

観光客でとても賑わっているのですが、空気は穏やかで治安の悪さも感じず、ゆっくりと観光ができます。

また街並みがとても可愛く、ただただ散歩をするだけでも楽しめます。

もしスペインに一日しかいられないのなら、迷わずトレドに行きましょう。

素敵なトレドの旅になることを願っています♡