PVアクセスランキング にほんブログ村

【BBC気になるニュース】グレートバリアリーフは1995年以降サンゴの半分が消滅しています

日本人にも人気の旅行先、オーストラリアのグレートバリアリーフのサンゴ礁が半分以上消滅しているという気になるニュース記事になります。

参照:Great Barrier Reef has lost half of its corals since 1995 - BBC News 

f:id:lifeishappy_right:20201015184612j:image引用:The Great Barrier Reef: Everything You Need To Know 

グレートバリアリーフは1995年以降サンゴの半分が消滅している現実

グレートバリアリーフのサンゴ礁が気候変動の影響によって海水温が上がり、1995年以降サンゴの半分以上を消滅しています。

あらゆる種類のサンゴが世界最大のサンゴ礁地帯全体で衰退し続けている事を専門化が指摘しています。

 

近年最も際立った白化現象は、2016年と2017年に起こりましたが、今年はそれを上回る状況になっています。

もう時間はなく、温室効果ガスの排出量をできる限り早く削減しなければならないと専門家は述べています。

Proceedings of the Royal Society B(英国王立協会の学術誌)に掲載されたこの研究は、クイーンズランド州のARC Center of Excellence for Coral ReefStudiesの海洋科学者によって実施されました。

 

科学者たちは、1995年から2017年までのサンゴ礁の状態を下記のように伝えています。

・グレートバリアリーフは僅か5年間で3回目の大量白化に苦しんでいます。

・オーストラリアはサンゴ礁の状態を「VERY POOR(非常に悪い)」に格下げすることを余儀なくされました。

参考:https://www.bbc.com/news/world-australia-52043554

 

彼らは全てのサンゴ礁のサイズと種類が消滅し続けているなかで、特に枝分かれしたテーブルサンゴで個体数は50%以上消滅している事を発見しました。

これらは通常、魚や他の海洋生物の生息地を守る大きな役割を果たしているものです。

 

サンゴの色は本来サンゴと共生しているべき褐虫藻として知られる藻類によって付いているのですが、海水温上昇のストレスに晒されたサンゴが褐虫藻追い出してしまうことからサンゴの白化が発生しています。

サンゴは通常の状態(海水温低下)に戻れば回復は可能ですが、それは何十年とかかるのです。

 

活気に満ちたサンゴの個体数には、何百万もの小さな赤ちゃんサンゴと、大きな大人のサンゴがいると専門家は述べており、

2019年に行われた調査結果では、大人のサンゴのほとんどが死んでしまったが故に損傷したサンゴ群の再生に非常に苦労していると報告されています。

これは繁殖する大人のサンゴが少ないため、赤ちゃんのサンゴも少ないからであり、この結果は、グレートバリアリーフが回復する能力が過去に比べて損なわれている事を示しています。

 

サンゴ礁の将来

昨年、オーストラリア政府のサンゴ礁に関する公式機関(GBRMPA)では、人間による温暖化がサンゴ礁の長期的な存続に対する最大の脅威であり続けている事を確認しました。

人間が引き起こす問題で将来的になくなってしまうかもしれない場所についてまとめた記事もありますので、そちらも読んでいただければと思います。

参考:将来地図から消えてしまうかもしれない世界の10の場所

2300km以上にも及ぶサンゴ礁は、「科学的かつ本質的な重要性」から1981年に世界遺産とに登録されています。

しかし、特に過去10年間で、サンゴを殺し、他の海洋生物を分散させ、藻類や他の汚染物質の成長を加速させた温暖な海によって甚大な被害を受けました。

グレートバリアリーフはその巨大なサイズによって、充分に保護されていると考えられていましたが、結果的には世界最大で比較的充分に保護されたサンゴ礁地帯でさえ、危険に晒され衰退している事を示していると専門家は述べています。

 

世界の気温は、産業革命以前から既に約1℃上昇しています。国連は、その上昇が1.5℃に達すると世界のサンゴの90%が消滅してしまうと警告しています。

人類の課題として環境問題を取り上げたオススメ映画もあるので是非観ていただいて、今地球が直面している問題、私たちがすべき事を少しでも学ぶ人が増えたらなと思っています。

参考:人類の課題:「環境問題」を突きつけるオススメ映画8選

www.bbc.com