一人旅初心者にオススメの国7選【海外】

緊張と不安とワクワク感満載の初めての一人旅。

恐らく不安の方が大きいんじゃないかな…と思います。

そんな一人旅初心者の方のために、初心者に易しい国をいくつかピックアップしてみました。

 

私自身、一人旅を始めて既に7~8年ほど経っていて、今まで一人で30ヶ国以上を訪れています。

一人旅に慣れてしまうと、友達と行くより一人で行く方が予定が立てやすいし、新しい出会いも生まれやすいし、フットワークは軽いしで、一人旅の方が満足度が高かったりします。

もちろん友達と行く旅行も楽しいですが。

 

ぜひ、初めての一人旅を計画している方はこの記事を参考に各国を攻めてみてください。

 
一人旅初心者にオススメの国7選【海外】
 
 

f:id:lifeishappy_right:20201005182229j:plain

 

一人旅初心者にオススメの国7選

まずこの記事でオススメに選んだ基準は、「治安」「観光インフラ」「物価」を加味した上で、日本からのアクセス方法、オススメのアクティビティ、そして初心者が気になる点などをいくつかの項目でまとめています。

 

韓国

一つ目は王道中の王道、韓国。

お隣の国ということもあり、日本から日帰りで気軽に行く人もいるような国内感覚で行ける国です。

 治安    ★★★★☆  
 観光インフラ  ★★★★★
物価 ★★★☆☆

 

基本情報
首都 ソウル
言語 韓国語
通貨 ウォン
ビザ 日本国パスポート保持者は観光目的で90日以内の滞在であればビザ不要
 
日本からのアクセス
 

日本各地の国際空港から直行便が出ています。

関西以西からだと2時間以内、東京からだと2時間半ほどで到着します。

 

観光情報
 
おすすめ

 ✔ エステ・マッサージなど美容・健康に特化したアクティビティ

 ✔ グルメ

 ✔ ショッピング

美容大国の韓国では、エステ・マッサージ店が多数あり、日本よりも低価格で体験できるので、オススメのアクティビティです。

明洞などの観光地のお店だと、少し割高にはなるのですが、ほとんどのお店で日本語の対応をしてくれています。

また、韓国料理は辛いイメージが強いのですが、辛い料理だけではなく、日本人の口にも合う料理が結構あります。

韓国の物価も韓流ブーム前から初期に比べてかなり上がったイメージですが、それでも日本よりまだお得感のある旅が可能です。

 

韓国の雑学
 

 ◆お酒の継足しはダメ

 ◆食器は持たない

 
お酒の継足しはダメ
 

空いていないグラスにドリンクを継足す行為は、亡くなった人に行う儀式とされています。

韓国ではタブーとされているので、気をつけましょう。

 

食器は持たない
 

食事中に、例え取り皿であっても食器を持ち上げる行為はマナー違反とされていますので気をつけましょう。

 

特記事項

政治的・歴史的な問題で世間は騒がしく、反日であるとも言われていますが、意外にも友好的な人ばかりです。

日本でも同様、歓楽街などのような特殊な場所に近付かなければ、全く危険なことはありません。

 

明洞など観光客が集まる場所は、韓国人価格と日本人価格で違うお店があったりもするのですが、それは韓国が反日だからとか、日本人に対してだけというよりも、東南アジアなどでも結構あるような、現地人価格・観光客価格の設定があるだけという感じがします。

 

テレビなどでは、韓国でタクシーにボッたくられたなんて話が取り上げられるのですが、私の経験としては、今まで30回以上韓国に訪れ、100回以上タクシーには乗車していますが、一度もボッたくられた経験はありません。

 

ただ、現地の人と仲良くなったとしても、政治・歴史の話は出さないようにしましょう。

これはどこの国でも同じですが、日本人の感覚とは違い、自分の意見はハッキリ言うため争いに発展しかねません。

韓国に限らずのことですが、特に日韓が問題を抱えている部分なので100%避けるべきです。

 

地下鉄などの交通機関が観光地をほぼ網羅している状態ですので、交通機関は満点といっても過言ではないですし、タクシーを含め日本よりかなり交通費が安いです。

ただ、タクシーに関しては、慣れるまではボッたくられるかもしれない…と心配になる方は乗車を控えましょう。

そもそも初心者が韓国に訪れてタクシーを使わないと行けないような不便な場所は特にありません。


D37 地球の歩き方 韓国 2020~2021 (地球の歩き方D アジア)

f:id:lifeishappy_right:20201005173858j:image

 

台湾

親日といわれる国、台湾。

こちらも追う道中の王道となります。

本当に人が優しく、誰が訪れても安心感を感じる国だと思います。

 治安    ★★★★★  
 観光インフラ  ★★★★★
物価 ★★★★☆

 

基本情報
首都 台北
言語 中国語・台湾語・客家語・その他約16の先住民族の言語
通貨 台湾ドル
ビザ 日本国パスポート保持者は観光目的で90日以内の滞在であればビザ不要
 
日本からのアクセス
 

日本各地の国際空港から直行便が出ています。

本各地から1時間半~4時間半程度で到着します。

 

観光情報
 
おすすめ

 ✔ 観光

 ✔ グルメ

 ✔ ショッピング

 ✔ マッサージ

綺麗に保存された歴史的建造物から名作映画で使用された場所など、見どころ満載の観光地が多数あります。

また、様々なナイトマーケットがあり、衣料品から食品まで何でも揃います。

中華系の料理は日本人の口にも合うし、南国特有のフルーツも楽しめるので、台湾グルメはかなり楽しめます。

 

台湾の雑学
 

 ◆ お金を白い封筒に入れるのはタブー

 ◆ コンビニの人口比率は世界№1

 
お金を白い封筒に入れるのはタブー
 

台湾では、白は「死」を意味するとされていて、白い封筒にお金を入れて渡すことはタブーとされているので気をつけましょう。 

 
コンビニの人口比率は世界№1
 

人口当たりのコンビニの数は、日本を抜いて世界№1となっています。

日本でもかなり多いイメージですが、台湾の方が人口比率が高いのです。

 

特記事項

親日の国といえば、まず真っ先に日本人が思い浮かべる国ではないでしょうか。

その実態がどの程度なのかは定かではありませんが、結構日本語が話せる人も多く、とにかく人が優しいです。

街中を歩いていて危険な空気は一切ありません。

 

また、空港から市街地まで直通の空港MRTも開通してアクセスはかなり便利です。

 

歴史的建造物なども多数あり、見どころが結構あります。

千と千尋の神隠しで有名になった九份など、少しアクセスがストレートに行かない場所もありますが、基本的に電車で観光地を周ることができます。

 

我らがMade in Japanの新幹線もあり、台北から高雄までも1時間半とすぐにいけるので、時間があるなら台湾周遊も簡単にできます。

 

南国あるあるフルーツ最高、特にマンゴーは絶品です。

グルメ特化のナイトマーケット、ショッピング特化のナイトマーケットとたくさんのナイトマーケットが楽しめます。


地球の歩き方 D10 台湾 2020-2021

f:id:lifeishappy_right:20201005173907j:image

 

香港・マカオ(2020年時点では政治的問題多発で要注意)

ショッピングとグルメの街、香港。

モダンとレトロが融合したエキサイティングな場所。

 治安    ★★★★☆  
 観光インフラ  ★★★★★
物価 ★★☆☆☆

 

基本情報
言語 香港:広東語・英語・北京語
マカオ:広東語・ポルトガル語ほか
通貨 香港ドル / マカオ・パタカ
ビザ 日本国パスポート保持者は観光目的で90日以内の滞在であればビザ不要
 
日本からのアクセス
 

日本各地の国際空港から直行便が出ています。

日本各地の空港から約3~5時間程度で到着します。

 

観光情報
 
おすすめ

 ✔ 観光

 ✔ グルメ

 ✔ ショッピング

香港の街並みはモダンとレトロが隣り合わせであり、超近代的な都市に隣りあわせで昔ながらの街並みがあるとても不思議で且つエキサイティングな都市です。

マカオはノスタルジックな町並みと、ポルトガル由来の西洋の街並みが融合した可愛い町と、世界一のカジノシティが隣接してある場所です。

 

香港・マカオの雑学
 

 ◆ 世界一安いミシュラン掲載レストラン(香港)

 ◆ 毎年自治体からボーナス12万円(マカオ)

 
世界一安いミシュラン掲載レストラン(香港)
 

ティム・ホー・ワン(添好運)はミシュラン一つ星の認定を受けた点心専門店です。

ミシュランが認めた味を世界一安く食べられると人気のレストランで、日本を始め世界中で展開されています。

ティム・ホー・ワン(添好運):ティム・ホー・ワン(添好運)公式サイト

 

毎年自治体からボーナス12万円(マカオ)
 

カジノで経済の潤うマカオでは、毎年年齢制限なく12万円が自治体から給付金がもらえます。

もちろん税金もかかりません。

 

特記事項

物価はアジアの中では高め、何しろ土地が狭いので、アジアの感覚だとホテルがかなり高めです。

10,000円以内では、満足のいくホテルにはなかなか行き当たらないと思ってください。

もちろん寝るだけで何も望まないのであれば、数千円からホステルなどはありますが、南京虫に出くわす情報が多数あります。

 

モダンな街とレトロな街が隣り合わせであり、不思議な感覚になります。

香港にもナイトマーケットがいくつもあって、そこでグルメやショッピングを楽しめます。

 

また、100万ドルの夜景として有名な世界三大夜景の一つが香港:ビクトリアピーク山頂から望めます。

その美しさは一度見れば忘れることがないでしょう。

 

香港のお隣マカオへは、バス・フェリーを使って1時間ほどでいけるので、時間があればマカオに立ち寄るのもオススメです。

マカオは香港に比べて物価も安く、ホテルはかなり安く泊まることができます。

世界一のカジノシティを楽しむのもありですし、ポルトガルの文化が色濃く残った町並みを散策するのも楽しいです。


D09 地球の歩き方 香港 マカオ 深セン 2019~2020 (地球の歩き方D アジア)

f:id:lifeishappy_right:20201005173921j:image

 

シンガポール

東南アジアとは思えない物価の高さゆえ?の清潔感と安心感、正真正銘のシンガポール人がいるのか疑わしいほどの多国籍国家。

バスで30分も行けば、完全に東南アジアの空気を感じることのできるマレーシアに行けてしまうとても小さな国。

 治安    ★★★★☆  
 観光インフラ  ★★★★★
物価 ★☆☆☆☆

 

基本情報
首都 シンガポール
言語 国語:マレー語
公用語:英語・中国語・マレー語・タミル語
通貨 台湾ドル
ビザ 日本国パスポート保持者は観光目的で
14日もしくは30日間(入国審査官の判断)の滞在であればビザ不要
 
日本からのアクセス
 

日本各地の国際空港から直行便が出ています。

日本各地の空港から約7時間半程度で到着します。

 

観光情報
 
おすすめ

 ✔ グルメ

 ✔ ショッピング

世界遺産のない都市で、シンガポールに観光メインで訪れる方は少ないかと思いますが、楽しめるアクティビティは結構あります。

治安もよくインフラも整っているので、一人旅初心者、女子旅にはかなりオススメの国です。

 

シンガポールの雑学
 

 ◆ かなり厳しい規則

 ◆ 紙幣に国歌

 
かなり厳しい規則
 

シンガポールの規則はかなり細かく厳しく決められています。

公共機関での飲食も禁止とされており、電車の中でちょっと水を飲むなんて行為も違反・罰金の対象となりますので気をつけてください。

 

紙幣に国歌
 

S$1,000紙幣の裏側にシンガポールの国歌が書かれています。

ただ、S$1,000紙幣は日本円にすると約¥78,000なので、そうそうお目にかかることもないのでは…と思いますが。

 

特記事項

東南アジアにありながら、体感的に日本より物価の高いシンガポール。

ただその分、街は綺麗に保たれていてインフラもしっかりしていて、清潔感・安心感はアジアの国々の中でも群を抜いて高い場所です。

 

物価は高いといえども、交通費に関しては日本より安いです。

地下鉄は観光地を網羅していて、アクセスに困ることはありません。

 

とてもこじんまりとした国なので、日本から少しはなれていてフライト時間が長いのですが、観光地が数多くあるわけではないので、のんびり一人旅をするには最適の場所だと思います。

 

そしてシンガポール旅のハイライトはなんと言っても、シンガポールのシンボル的存在でもあるマリーナベイサンズに宿泊することではないでしょうか。

関連記事:【マリーナベイサンズ】高さ200mのプールからの絶景を観よう:シンガポール

是非、世界一高い場所にあるプールからの絶景を楽しんでみてください。


D20 地球の歩き方 シンガポール 2020~2021 (地球の歩き方D アジア)

f:id:lifeishappy_right:20201005173928j:image

 

ハワイ

アメリカなのに日本人にとってはとても近く馴染みの場所。

一度ハワイに行くと何度も訪れたくなる最高の楽園です。

 治安    ★★★★★  
 観光インフラ  ★★★★☆
物価 ★☆☆☆☆

 

基本情報
言語 英語・ハワイ語
通貨 アメリカドル
ビザ 日本国パスポート保持者は観光目的で90日以内の滞在であればビザ不要
※ビザ免除プログラムESTA要
 
日本からのアクセス
 

日本各地の国際空港から直行便が出ています。

日本各地の空港から約6~8時間程度で到着します。

往復で飛行時間が2時間ほど変わります。

 

観光情報
 
おすすめ

 ✔ ビーチ

 ✔ リラックス

 ✔ ショッピング

 ✔ 観光

ハワイは観光産業で成り立っている場所のため、観光アクティビティはかなりの数あるのですが、個人的にオススメはたくさんのアクティビティを体験するよりも、ビーチやカフェなどでのんびりハワイタイムを楽しむことです。

ショッピングセンターも充実しているのでショッピングを楽しむこともできますし、多くの自然がある島なので、トレッキングなども楽しめます。

 

ハワイの雑学
 

 ◆ ハワイの空港名は「イノウエ空港」

 ◆ 南国ハワイでも雪は降る

 
ハワイの空港名は「イノウエ空港」
 

ホノルルにある空港は「ダニエル・K・イノウエ国際空港」といいます。

ハワイ最初の上院議員であり、アメリカで最初の日系人上・下院議員として50年以上に渡って活躍した、アメリカの政治リーダーの一人「ダニエル・K・イノウエ」氏の名前が付けられています。

 

南国ハワイでも雪は降る
 

年間平均気温が23℃のハワイですが、「マウナ・ケア」と呼ばれる山には積雪が観測され、全く珍しい現象ではありません。

 

特記事項

アメリカでありながら日本語が結構通じる場所です。

アジアの国々とは違い、空気は完全に欧米なのですが、日本人観光客・特にビギナー観光客が多いためか、現地の店員さんなどもそういった観光客への対応を心得ている感じがします。

 

地下鉄や電車がなく、観光で利用する交通いかんがバスとなり、地下鉄・電車に比べて難易度が少し上がりますが、さほど難しくありません。

 

また、ハワイでは忙しなく観光するのではなく、可愛いカフェがたくさんあるので、カフェでのんびりしたり、予算に問題がなければワイキキビーチ沿いのホテルに滞在してのんびりするのもありだと思います。

 

ハワイ=女子旅=若い女子2,3人組なんてイメージも強いのですが、案外一人でのんびりしている旅行客も多いので、一人でも全く気になりません。

関連記事:【朗報】遂にOPEN!コロナ禍でのハワイ旅行に重要な3つのこと


C01 地球の歩き方 ハワイ1 オアフ島&ホノルル 2020~2021 (地球の歩き方C ハワイ南太平洋オセアニア)

f:id:lifeishappy_right:20201005173949j:image

 

オーストラリア

自然と人間が共存している国。

広大な自然環境の中で生活をすると、こんなにも穏やかでいられるんだ…と心底感じられる場所です。

 治安    ★★★★☆  
 観光インフラ  ★★★★★
物価 ★☆☆☆☆

 

基本情報
首都 キャンベラ
言語 英語
通貨 オーストラリアドル
ビザ 滞在日数に限らずビザ必須となっています。
関連記事:オーストラリア旅行:ビザ取得について重要なこと【観光ビザ必須】
 
日本からのアクセス
 

日本各地の国際空港から直行便が出ています。

日本各地の空港から約7~10時間半程度で到着します。

 

観光情報
 
おすすめ

 ✔ 自然の壮大さを知る

 ✔ 動物と触れ合う

オーストラリアは日本人にとってワーキングホリデーや留学先としても人気のある国です。

インフラもしっかりしていて、何よりも壮大な自然環境の中で人間と動物が共存している姿を見ることができます。

 

オーストラリアの雑学
 

 ◆ 水道水にフッ素

 ◆ 大陸が移動している

 
水道水にフッ素
 

オーストラリアではほとんどの地域の水道水にフッ素が添加されています。

フッ素は虫歯予防になるそうで、水道業者がフッ素を添加することを認めているそうです。 

ただ、大量接種は人体への影響もあるそうなので、慣れない間は飲料水はペットボトルの水を摂取することをオススメします。

 

大陸が移動している
 

プレートは常に僅かに移動しているのですが、オーストラリアプレートは最もその動きが早いそうで、1994年からの22年間で約1.5kmも北方向へ移動したそうです。

 

特記事項

日本の約20倍もある広大な土地。

そこにいる何十何百億匹といわれる野生動物が生息している大きな大陸です。

 

クイーンズランド・ニューサウスウェールズ・ビクトリア・タスマニア・南オーストラリア・西オーストラリアと6つの州があり、それぞれに大都市や大自然があります。

MEMO

オーストラリアで有名なコアラ。

オーストラリアではコアラの抱っこは州によって禁止されている州もあるので、コアラの抱っこをしたい方は禁止されていない州を選択して訪れるようにしてください。

関連記事:世界で唯一コアラを抱っこできる国:オーストラリア・パース【体験記】

また、「地球上で最も幸せな動物(The happiest animal on Earth)」と呼ばれているクオッカもオーストラリアに生息していますので、是非クオッカにも会いに行ってみてはいかがでしょうか。

参考:クオッカに会いに行こう!地球上で最も幸せな動物はオーストラリアにいた!!

 

自然と動物が多い国は総じて国民も優しいイメージがあるのですが、本当にその通りで、国民が穏やかで優しい印象を受けました。

 

留学生なども多いためか、外国人に対してもとても寛容で、オープンな人が多いです。

また、英語圏なので言語的にも旅行がしやすい場所です。

一人旅専用の現地オプショナルツアーもたくさんあるので、一人でも観光には困りません。


C11 地球の歩き方 オーストラリア 2021~2022

f:id:lifeishappy_right:20201005173959j:image

 

カナダ

広大な土地を持つカナダは、四季折々の魅力たっぷりな自然を堪能できる国。

人々はとても優しく整然とした場所です。

 治安    ★★★★☆  
 観光インフラ  ★★★★★
物価 ★☆☆☆☆

 

基本情報
首都 オタワ
言語 英語・フランス語
通貨 カナダドル
ビザ 日本国パスポート保持者は観光目的で6ヶ月以内の滞在であればビザ不要
カナダに空路で入国する際は、航空機登場前にオンラインで渡航認証が必要
 
日本からのアクセス
 

日本各地の国際空港から直行便が出ています。

東京・大阪から約13時間程度で到着します。

 

観光情報
 
おすすめ

 ✔ 自然の壮大さを知る

ロシアに次いで世界第2位の面積を誇る大国です。

その広大な面積の中にナイアガラの滝やカナディアン・ロッキーなど、魅力的な自然の観光資源が豊富で、多くの自然と触れ合う体験ができます。

 

カナダの雑学
 

 ◆ くまのプーさんの故郷

 ◆ 独立運動をしている州が存在

 
くまのプーさんの故郷
 

世界的人気キャラクター「くまのプーさん」の生まれ故郷はカナダにあります。

プーさんの英名は「Winnie-The-Pooh」といい、Winnieはマニトバ州のウィニペグのことです。

プーさんのモデルはWinnieという実在した子熊で、その飼い主がウィニペグ出身ということです。

 

独立運動をしている州が存在
 

独立運動しているケベック州はフランス系の住民が多数派で言語もフランス語が使用されています。

 

特記事項

私の中でカナダは、オーストラリアの四季がもう少しハッキリしているバージョンの国、というイメージです。

 

治安は良く、経済的にも安定した国ですので、目立ってボッたくりなどもなく、安心感が持てる国だと思います。

 

やはり広大な自然を持つ国なので、かなり大らかな人が多い印象です。

よほどのカナダ好きな人でない限り、初めての一人旅でカナダを選択する人は少ないかと思いますが、一人旅初心者でも安心して旅行ができる場所で、見どころもたくさんなので選びました。


B18 地球の歩き方 カナダ東部 2018~2019 (地球の歩き方B 北米・中米・南米)

f:id:lifeishappy_right:20201005174703j:image

 

治安について

ハッキリ言っておきます。

この記事で紹介した国は総じて治安の良い方(世界では治安の良い国として挙げられる)ではありますが、外国人観光客にとって日本より治安の良い国はこの地球上に存在しないと思って旅行をするようにしてください。

 

もちろん日本より安全な場所、日本同様に安全な国が全くないわけではありませんが、日本の治安の良さは稀であるということを心得ておいてください。

 

財布が戻ってくる確立が高い国はありません。

携帯が戻ってくる確立が高い国はありません。

これは肝に銘じて旅行をするようにしてください。

 

どこの国にも観光客を狙った軽犯罪は存在します。

スリや置き引きなどは一般的に起こっていますので、くれぐれも日本の感覚は日本出国時に捨てて出国するようにしましょう。

 

最後に・・・

この記事で見どころ満載のヨーロッパが全く選ばれていなかった理由として、ヨーロッパはスリなどの軽犯罪がかなり多く、その情報は恐らく耳にしていくかと思います。

初めての一人旅というだけでも緊張感マックスなのに加えて、スリ対策など精神的負荷が大きいかなとお思い省きました。

 

それでも気になるという方は、一人旅でオススメのヨーロッパの国も別記事で書いていますので、そちらを参考にしていただければと思います。

関連記事:比較的日本人客が少ない一人旅にオススメのヨーロッパの場所7選

 

また、恐らく多くの旅人がオススメする東南アジアを省いたのも似たような理由でして、ボッタクリ・値段交渉など初心者にとって精神的負荷が大きいかなと思いました。

 

私が初心者のうちに選択する基準で重視していたことが「観光インフラの整った国」でした。

なぜかというと、タクシーなどに乗れば確実に目的地には到着できるのですが、ボッタクリや値段交渉など、結構言葉を必要とするからです。

流暢な英語を話せない&外国人とのコミュニケーションに慣れていない間は、交渉やトラブルの際の説明などが大きなストレスとなるので極力避けたいと思っていました。

 

東南アジアは旅人にとって本当に魅力に溢れた国の宝庫です。

恐らくこの記事で紹介した国を難なく訪れることができて、外国人とのコミュニケーションにも慣れてしまえば、海外に一人で行くのは怖い…なんて感覚もなくなり、もっともっと多くの国に行きたくなると思います。

 

一人旅は怖くありません。

危険も回避することは可能です。

是非一人旅を堪能してくださいね。

この記事がどなたかの参考になれば嬉しいです♡