PVアクセスランキング にほんブログ村

RIMOWA修理費用:思ってるほど高くない【リモワクライアントサービス】

スーツケースが壊れた。どうすればいいの?修理高いのかな。

そんな方の疑問にお答えします。

 

ほぼほぼ一人旅の私にとって一番の旅の友といえばスーツケースです。

旅好きの人であれば、スーツケースにこだわりがある人も多いのではないかと思います。

 

私は、定番ですがもう10年以上RIMOWAを愛用しています。

リモワの中でもやはり定番のRIMOWA TOPAS(現:ORIGINAL)が好きで、7~8年前に店頭でTOPASのシャンパンゴールドに一目ぼれし、ちょうどその前後辺りに海外便の受託手荷物のサイズが変更になる時期でタイミングもよく、受託可能なギリギリのサイズ82Lを購入しました。

 

そんな一番の旅の友であるスーツケースが遂に力尽き、大きく破損したので修理に出すことになりました。

リモワの価格帯を考えると修理も結構高いのでは…と不安に思う方もいるかと思います。

もちろん破損の状態にもよりますが、そんなに驚くほど高くはなかったです。

そして、修理に出すなら「リモアクライアントサービス」が一番いいという結論に至りましたので、その経緯などを書きたいと思います。

 

RIMOWA修理費用:思ってるほど高くない【リモワクライアントサービス】
 

f:id:lifeishappy_right:20201107151418j:image

 

リモワの保障について

私が購入したのは7~8年前ということで破損した時点で既に保障期間外ということで、あまり意味をなさなかったのですが、リモワには「5年間保証」が付いています。

 

5年間保証

リモワにはどの製品にも購入日から5年間の保証が付いています。

正規店での購入であれば、店舗のスタンプが押印された保証書を購入時に渡されます。

この期間であれば、自然破損の修理は無償で対応してくれ、安心して使用できます。

また、保証対象は自然破損の場合とは言われていますが、案外保障期間内であれば無償で対応してくれることもあるようなので、一旦リモワに相談してみると良いかと思います。

 

なお、平行輸入品やオンラインストアでの購入であれば、RIMOWA公式ホームページから自分のリモワ製品の登録をすれば保証対象となります。

RIMOWA公式サイト(製品登録ページ):https://www.rimowa.com/jp/ja/myrimowa

一昔前まで、平行輸入品は日本の正規店では修理できなかったようですが、2018年以降はRIMOWAの直営店が輸入・販売・修理等のすべて運営するようになり、平行輸入品であってもシリアル番号から本物であることが確認されれば対応してもらえるようになっています。

 

リモワの修理

愛用中のリモワが空港のバゲージクレーム(荷物受取所)で再会したときに破損している…なんてことはよくあるのかと思いますが、結構ショックですよね。

しかもそれが旅の始まりだとすると、この気分どうしてくれるのよ?みたいな。

 

まずは、バゲージクレームで破損を見つけたら航空会社に申告し、破損証明をもらうようにしましょう。

 

ただ、この記事に辿りついたということは恐らく既に空港を離れている方ですよね。

でも安心してください。私も証明書はもらわなかったので、もらわなかった場合の対応方法になっています。

なお、航空会社によっては搭乗後7日以内であれば破損の申告を受け付けてくれます。(JAL、ANAは受付可)

 

保証書がない

間違いなく保証期間内なんだけど、保証書が手元にないという方いらっしゃいますよね。

捨ててしまった、もしくは大事にしまいすぎてどこにあるか分からない…

 

実は購入時の保証書がなくても、スーツケースに刻印されたシリアル№で製造年が分かるようになっています。

そのため、その製造年から5年以内であれば、保証書がなくても対応してくれる場合もあるようです。 

f:id:lifeishappy_right:20201107151436j:image

 

上記がシリアルナンバーですが、最初の5桁「94570」が製品番号、その次の3桁「012」が製造年で2012年製造ということになります。

現在2020年なので、このシリアルナンバーであればどんなに足掻いても保障期間外ということです。

 

保障期間外の場合

修理は確実に有償になります。(直営店への持込修理で無償で対応していただいた方も多数いらっしゃるようです。)

そのため、意地でも保険適用などさせたい状況ですので、極力航空会社から保証していただきたい状況です。

 

ただ、先ほども記載しましたが、空港から出てしまうと申告を受け付けてくれない航空会社も多く拒否される可能性も大いにあります。

 

自費を出さずして修理する最後の手段が海外旅行保険の適用です。

クレジットカード付帯の保険でも携行品破損に対応している保険が多いと思いますので、一旦確認してみてください。

 

修理方法

店舗への持込修理

国内にあるRIMOWAストアへご自身で持ち込み修理依頼が可能です。

なお、小さな破損であれば、その場で修理してくれることもあります。

RIMOWA直営店・修理店:店舗検索 | RIMOWA

 

リモワクライアントサービスへの持込修理

こちらはリモワ製品の全ての修理を請負っているリモワの修理専門部署になります。

RIMOWAクライアントサービス:店舗検索 | RIMOWA

 

提携ホテルで修理

旅行中にも対応してくれるように、リモワがホテルと提携していて、軽度な破損であれば即修理、ダメージの状態によっては応急処置を施してくれます。

RIMOWA提携ホテル:ホテル修理 | RIMOWA

 

RIMOWAエアポートサービスカウンター(成田空港)

空港で破損に気付いた場合に即対応してくれます。

破損の状況によっては応急処置のみとなり、RIMOWAクライアントサービスでの修理となる場合もあります。

公式サイト:RIMOWAエアポートサービスカウンター

 

クライアントサービスへの郵送修理

店舗やクライアントサービスなどへ直接持込ができない場合は、郵送でも対応してもらえます。

RIMOWAクライアントセンターお問い合わせ:RIMOWA修理お問い合わせフォーム

 

クライアントサービスへの郵送修理(経験談)

私は成田空港到着時にバゲージクレームで破損に気付いたのですが、まず到着時刻の大幅な遅れ&乗り継ぎ時間が迫っていたこともあり、航空会社への申告手続きができませんでした。

搭乗した航空会社はオランダ航空で、後々オランダ航空も帰国後1週間以内であれば申告可能ということを知ったのですが、1週間以上経ってその事実を知り、結果的に航空会社の保証は受けられない状況でした。

 

保険会社に連絡

クレジットカード付帯の保険適応にしようと保険会社に連絡した所、対応はとても丁寧で早くすぐに保険適用に必要な書類などを送付してくれました。 

 

◆保険適用時必要なもの

・航空券の購入履歴が分かる明細

・破損部分の画像

・修理見積

・保険適用依頼書

 

結局、書類を揃える手間と修理費用の安さに保険適用はしなかったのですが、航空会社の破損証明なる物がなくても、海外旅行保険で対応してもらえるようです。

 

RIMOWAクライアントサービスに連絡

地方在住のため近くに直営店もなければ、クライアントサービスもない状態で郵送以外での修理方法がありませんでした。

下記メールもしくは、リモワのお問い合わせフォームで修理についての問い合わせをします。

 
RIMOWAクライアントケアセンター

メール:Clientcare.japan@rimowa.com

電話: 072-994-5522 

 

修理までの流れ

問い合わせメールを送ったら数時間後には返信が来ました。

その後、スーツケースを着払いで送り見積してもらうのですが、1週間もしないうちに見積書が届きました。

f:id:lifeishappy_right:20190705142035p:plain

 

見積書確認後、内容に問題もなくそのまま修理してもらいました。

見積段階でパーツの在庫がなく3~4ヶ月ほどかかるとのことでしたが、結果的に1ヶ月もかかりませんでした。

修理完了後、代引きで料金を支払って完了となりました。

 

なぜリモワクライアントサービスなのか

2018年からリモワが修理専門部署を運営するようになるまで、色々な業者がリモワ専門修理をやっていたり、高額でリモワのパーツを売っている業者などあったので、それまでのイメージが強い方は、そもそもリモワの修理は高い…という昔の情報がそのままインプットされた状態だと思います。

私の場合は、キャスターはなくハウジングはガッツリ割れて使い物にならない状態で、リモワクライアントサービス以外での修理目安費用が、どこも¥20,000前後となっており、足1本だけなのに…という気持ちでいたので、リモワクライアントサービスからの見積書を見たときはめっちゃ安い!と思いました。

よって、わざわざ他の修理業者に依頼するメリットが見付からないという結論に至りました。

f:id:lifeishappy_right:20201107151509j:image

 

壊れやすい部分と修理目安費用

破損といっても色々な形の破損がありますし、破損箇所もそれぞれに違います。

見積依頼前にだいたいの目安を知りたくて情報収集をしている方もいるかと思いますので、破損しやすい箇所をいくつかピックアップして私が調べた目安費用を記載しておきます。

 

キャスター&ハウジング交換

リモワのスーツケースで一番多い破損箇所になります。

キャスター自体が消耗品であるということも一員ですが、やはり一番負荷のかかるパーツでもあります。

これは私が受けた修理ですので、実際の金額で¥8,400+送料で修理して頂きました。

 

ハンドル

歩行の際にキャスター同様一番使用している箇所で、ここも壊れやすい箇所になっています。

基本的に取替え修理となります。

ハンドルの修理目安:約¥10,000前後

 

TSAロック

ここは破損もあるけど壊されている可能性もある箇所です。

空港で預ける荷物に関して、持ち主が立ち会えない場所でTSAの職員によってスーツケースやキャリーバッグを開けて検査が行われています。

その時に鍵のかかっている荷物は全てロックを切断、破壊して検査されます。

しかもこの検査によっての荷物の破壊や紛失についてはTSAは一切責任を問われない法律となっています。

TSAロックの修理目安:11,000〜13,000円/1箇所

 

スライダー&ファスナー

スライダーとファスナーは力がかかりやすい部分なので故障も多いです。

スライダー関連修理目安:9,000〜11,000円/1箇所

 

ボディのひび割れ

サルサなどのポリカーボネイトを使用しているタイプはボディのひび割れも起こります。

比較的大きなひび割れでも修理が可能とのことです。

ボディひび割れ修理目安:11,000〜15,000円

 

この修理の目安費用ですが、大概の場合目安より安くなるかと思います。

私の場合、目安が19,000〜25,000円でしたが破損と言うよりハウジングは使えない、キャスターもない状態だったので恐らくもう少しかかるんだろうな…と思っていました。

でも、結果的に送料込みで¥10,000もかかりませんでした。

 

なので、そんなに高額な修理費用を要求されることはないと思います。

 

ただ、これがクライアントサービス以外での修理となると金額はまたかわってくるかとおもいます。

 

また、部品を購入して自分で…と思う方もいらっしゃるかと思いますが、断然修理に出したほうが安くなりますので、極力修理依頼したほうが良いかと思います。

 

記事のおさらい

 

◆ スーツケース破損したら保障期間内か確認

◆ 保障期間内であればほぼ無償で対応してくれる

◆ 保障期間外でも意外に安い

◆ リモワ修理はクライアントサービス一択

 

 

スーツケースはどんなに大事に扱っていても、いつか必ず破損してしまうものです。

もちろん新しいものに買い換えるきっかけにもなるのですが、やっぱり愛着のあるスーツケースであれば、長年使い続けたいですよね。

また、スーツケースの中でもリモワは長年使えば使うほど味の出るスーツケースですし、修理して戻ってきたリモワを見て、この先もずっと長いお付き合いをしようと決めました♡