パリから「モン・サン=ミシェル」への行き方全7通り徹底ガイド【フランス】

フランスの西海岸のサン・マロ湾に浮かぶ「モン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel)」は1979年に世界遺産に登録されたフランスを代表する観光地です。

フランス旅行を計画するほとんどの方が目的地として計画の中に入れるのではないでしょうか。

 

モン・サン=ミシェルはパリから約350km離れていますが、年間250万人が訪れるこの場所へは、バス・鉄道・ツアーなど様々な行き方があります。

 

私はフランスの高速鉄道とバスを乗り継いで最短の方法で行きましたので、こちらのアクセス方法と、その他私が行く前に調べたモン・サン=ミシェルまでの全7通りの行き方を徹底ガイドしますので、ご自信の旅行計画に一番合った方法を見つけていただければと思います。

 
パリから「モン・サン=ミシェル」への行き方全7通り徹底ガイド【フランス】
 
 

f:id:lifeishappy_right:20190615163133j:image

 

モン・サン=ミシェル:Mont Saint-Michel

「西洋の驚異」や「海上のピラミッド」と称される孤高の寺院モン・サン=ミシェルは16世紀に完成したフランスの中でも最も有名な巡礼地です。

1979年に「モン・サン=ミシェルとその湾:Mont-Saint-Michel and its Bay」という名称で世界遺産に登録されたこの場所は、幻想的な美しさと数奇な歴史から西洋の驚異と呼ばれ、世界中の旅行者の間で訪れてみたい世界遺産などのランキングに常に名を連ねる人気観光地となっています。

 

また、モン・サン=ミシェルは「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路:Routes of Santiago de Compostela in France」という世界遺産の一部として、スペインの世界遺産:「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」とは別件で登録されています。

 

パリから「モン・サン=ミシェル」への行き方

モン・サン=ミシェル行くには、バスや鉄道、ツアーなど様々な行き方が用意されていて、それぞれ解説していきますので、一番ご自分の旅行プランに合った方法を選択していただければと思います。

 

◆ 直通バス

◆ TGV(高速鉄道)+バス:4通り

◆ TGV(高速鉄道)+TER(普通列車)+バス

◆ 現地オプショナルツアー

 

直通バス

パリからモン・サン=ミシェルまではFLiXBUSというヨーロッパ全土を網羅しているバスが直通で出ています。

パリのBus Station De Bercyというバスターミナルから出発(土日は別のバス停も経由)していて、モン・サン=ミシェルまで約5時間半で到着します。

バスの空き状況や予約のタイミングで価格の変動がありますが、モン・サン=ミシェルまで格安で行け、乗換もなく一番楽な行き方になります。

 
ルート

Bus Station De Bercy:パリ→🚌 5:30 🚌→モン・サン=ミシェル 

所要時間 約5時間半
バス料金 片道:€19.99~40.99

 

私は一泊する予定だったので、バスにしようと思ったんですが、残念ながら私が行く日はバスが運行していませんでした。

時間に余裕のある方、5時間バスに乗車が苦じゃない方にはオススメの方法です。

FLiXBUSの予約方法:ヨーロッパの格安バス「FLiXBUS(フリックスバス)」:予約から乗車まで徹底ガイド

 

TGV(高速鉄道)+バス:4通り

f:id:lifeishappy_right:20201118195220j:plain

 

オススメ★TGV(高速鉄道)+バス(レンヌ:Rennes乗換)
 
ルート

モンパルナス駅:Gare Montparnasse(パリ)→🚄 2:00 🚄→レンヌ駅→🚌 1:00 🚌→モン・サン=ミシェル

所要時間 約3時間
TGV料金 片道:€20~90
バス料金 片道:€15 / 往復:€30

 

この方法が一番オススメで、まず時間の自由が利く&モン・サン=ミシェルまでの移動時間が最短です。

また、余裕を持って予約をすれば費用をかなり安く抑えることも可能です。

これは、ヨーロッパ全体的にいえることですが、交通機関の早割が日本では考えられないほどの割引率です。

ヨーロッパ周遊は、モン・サン=ミシェルに限らず早め早めの計画を強くオススメします。

TGVの予約方法は別記事で詳しく解説していますので、そちらを参考にしてください。

参考:フランス国鉄:TGV(高速鉄道)の予約方法【ヨーロッパ】

私がモン・サン=ミシェルに訪れた際のTGV+バス往復は3ヶ月前の予約で最安値のTGV片道€20・バス片道€15の往復で合計€70でした。

レンヌからモン・サン=ミシェルまでのバスは予約制ではなく、レンヌ到着後バスターミナル(北口)前にあるチケットセンター「駅構内看板記載:Espace Korrigo(チケット売場)/ Gare routière(バスターミナル)」で購入します。

このバスチケットは往復割引などがないので、片道・往復どちらを選択しても問題ありません。

帰りのバスチケットを購入しなかった場合は、バスの運転手さんに€15を乗車時に支払って乗車するようになります。

 

レンヌからのバスは、TGVの到着時刻に連動していて、TGV到着後20分後の出発となっているので、そんなに慌てなくても大丈夫です。

そんなに大きな駅ではないため、駅構内を把握している状態での移動であれば2~3分程度の距離になっています。

往路
便名 レンヌ発 モン・サン=ミシェル着
101(月~土・祝日) 09:50 11:00
103(日曜日) 10:15 11:25
105 11:45 12:55
107(月~土・祝日) 12:45 13:55
109(日曜日) 14:30 15:40
111 16:45 17:55

 

復路
便名 モン・サン=ミシェル発 レンヌ着
102 10:05 11:15
104(月~土・祝日) 11:20 12:30
106(日曜日) 13:05 14:15
108 14:05 15:15
110 18:05 19:15

※バスの時刻は数ヶ月毎に変更がありますので、計画時に必ず確認してください。

KeoLIS公式サイト:Aller au Mont-Saint-Michel

注意

大幅に遅延があった場合は次のバスに乗車するようになります。

また、レンヌ⇔モン・サン=ミシェル間のバスは1日4往復しかありません。

 

CDG空港発TGV(高速鉄道)+バス(レンヌ:Rennes乗換)
 
ルート

AEROPORT CDG2 TGV ROISSY(パリ)→🚄 2:30 🚄→レンヌ駅→🚌 1:00 🚌→モン・サン=ミシェル

所要時間 約3時間
TGV料金 片道:€20~90
バス料金 片道:€15 / 往復:€30

 

パリ到着後、空港からそのまま向かいたい方向けになります。

空港からレンヌまで向かい、あとはモンパルナス駅から向かう方法と同じになります。

 

なお、パリ=シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内まで一旦行きたい方は、書き記事を参考にしていただければと思います。

参考:パリ=シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内への行き方:重大注意事項あり【フランス】

 

TGV(高速鉄道)+バス(ドル=ド=ブルターニュ:Dol-de-Bretagne乗換)
 
ルート

モンパルナス駅(パリ)→🚄 2:30 🚄→ドル=ド=ブルターニュ駅→🚌 0:30 🚌→モン・サン=ミシェル 

所要時間 約3時間半
TGV料金 片道:€30~70
バス料金 片道:€6 / 往復:€12

 

Dinan観光など、ブルターニュ地方を観光しつつモン・サン=ミシェルに向かいたい方向けです。

また、ドル=ド=ブルターニュ駅はとても小さな駅でバスへの乗換も迷うことなくスムーズにできます。

ドル=ド=ブルターニュ駅の改札を出て右側にロータリーがあり、そこにモン・サン=ミシェル行きのバス停があります。

往路
便名 ドル=ド=ブルターニュ発 モン・サン=ミシェル着
153 9:50 10:20
155 11:15 11:45
157 12:25 12:55

 

復路
便名 モン・サン=ミシェル発 ドル=ド=ブルターニュ着
152 16:10 16:45

※バスの時刻は数ヶ月毎に変更がありますので、計画時に必ず確認してください。

KeoLIS公式サイト:Aller au Mont-Saint-Michel

 

時間があれば、駅から徒歩10分程度の場所に美しい木骨造りの町並みがある旧市街地があるので、そちらを散策するのもオススメです。

 

TGV(高速鉄道)+バス(サン・マロ:Saint-Malo乗換)
 
ルート

モンパルナス駅(パリ)→🚄 2:45 🚄→サン・マロ駅→🚌 1:15 🚌→モン・サン=ミシェル

所要時間 約4時間半
TGV料金 片道:€30~70
KeoLISバス料金 片道:€15 / 往復:€25
FlixBUSバス料金 バス料金:片道€5~

KeoLIS公式サイト:Saint-Malo

 

モン・サン=ミシェル行きのバスはKeoLIS運行1便(9:20発)、FlixBUS運行1便(16:10発)と1日2便しかなく、ブルターニュ地方の人気観光地でもあるサン・マロを観光後モン・サン=ミシェルに向かう方向けの方法です。

なお、FlixBUSに関しては満席の可能性が高く、事前予約しておいたほうが良さそうです。

FlixBUS予約方法については下記をご確認ください。

参考:ヨーロッパの格安バスを予約しよう【FLiXBUS】

 

サン・マロは英仏海峡を望む港町で、高い城壁に囲まれた旧市街地には古い石造りの建物があり、濃厚な歴史を感じることのできる町です。

 

TGV(高速鉄道)+TER(普通列車)+バス(レンヌ経由ポントルソン:Pontorson乗換)
 
ルート

モンパルナス駅(パリ)→🚄 2:00 →レンヌ駅→0:45 🚄→ポントルソン→🚌 0:20 🚌→モン・サン=ミシェル 

所要時間 約3時間半
TGV料金 片道:€30~45
バス料金 片道:€2.90 

 

フランスの田舎町を楽しみたい方向けの方法となります。

レンヌからTER(普通列車)に乗り換えてポントルソンまで向かい、モン・サン=ミシェルから一番近い町ポントルソンでのバスへの乗換になります。

ポントルソン駅を出て右側にすぐバス停があり、モン・サン=ミシェルまで20分程度(約10km)で到着します。

また、バスの本数も他の方法に比べてあるので、到着後時間を確認してください。

 

モンパルナス駅でのTGV乗車について

モンパルナス駅は、パリの主要ターミナル駅の一つで結構大きめの駅ですが、TGVの乗り場は地上2階の「Hall1」になります。

駅構内に入れば大きく「Hall◆」と看板があるので迷うことはありません。

f:id:lifeishappy_right:20201120125153j:image

恐らく多くの方が早めに向かうと思うのですが、駅構内で電光掲示板に乗車ホームが表示されるのは出発30分前とギリギリです。

f:id:lifeishappy_right:20201118210019j:plain

 

ただ、だからといってギリギリに行くと、ホームは24番まであることに加えTGVの車両数もかなり多く、乗車車両まで15分ほど歩かないといけないこともあったりするので、必ず時間には余裕を持って行きホームの様子を下見することをオススメします。

 

TGV利用の方にパリでのパリでのオススメ前泊ホテル

日帰りか一泊かで出発時間も変わってくるかと思うのですが、モンパルナス駅周辺のホテルはオススメです。

パリの中でも比較的治安のいい場所で、パリ中心地に比べて宿泊費も多少安くて満足できるホテルがあります。

 

私はモン・サン=ミシェルに行く前々日にモンパルナス駅から1駅離れたパストゥール(Pasteur)駅側にある「アヴィア サフィール モンパルナス ホテル (Avia Saphir Montparnasse Hotel)」というホテルに移動しました。

モンパルナス駅から1駅離れているとはいっても徒歩10分程度で、恐らく誰もがパリで行くであろうほとんどの観光地に乗換なしで行けるのでオススメです。

こじんまりとしたホテルですが、近くにベ飲食店があり商店もあって特に困ることはありませんでした。

 

現地オプショナルツアー

時間がない方、個人手配は不安な方向けの方法です。

モン・サン=ミシェルは人気観光地なので、たくさんのプランが組まれていて、日本語対応ツアーもかなりの数あります。

ツアーのメリットとしては、いくつかの観光地を周るものもあって、短時間で色々な場所に行きたいという方にとってはオススメの方法です。

 

ただ、個人的な意見としては、ツアーは基本的に割高な上に時間に縛りがあるので、モン・サン=ミシェルに関しては全くオススメしません。

だいたいどのツアーも日帰りのツアーであれば2時間~3時間程度の観光時間となり、あまりにも短い滞在時間となります。

もちろん日本語ガイドが付いたツアーですと安心ですし、色々な情報を聞くこともできるのでメリットがないとは思わないのですが… 

目安料金 パリから日帰り€120~

VELTRAツアーサイト:モン・サン=ミシェルツアー 

注意

¥20,000以内で1泊2日と出ているツアーはホテルは個人手配の場合がほとんどなので、必ずホテル代込みか確認してください。

 

モン・サン=ミシェル島内へは無料シャトルバス

f:id:lifeishappy_right:20201120125204j:image

モン・サン=ミシェルへの橋は観光バスも含め一般車両は通行禁止となっており、モン・サン=ミシェル対岸から無料シャトルバスが出ています。

ただ、日中は常に満席状態でかなり待ち時間がかかることもあるうえ、箱詰め状態でモン・サン=ミシェルまで行くので、個人的には2km程度の道なので徒歩をオススメします。

注意

モン・サン=ミシェルから対岸へ行くシャトルの方が混雑しており、待ち時間もかかる場合があるので、ツアーで行かれる場合は時間配分に気をつけてください。

なお、シャトルの混雑は嫌だけど、歩いて2kmはキツイ…という方は、有料ですが島内と対岸を送迎している馬車もありますので、そちらも検討してみてください。

f:id:lifeishappy_right:20201120125209j:image


 

まとめ

モン・サン=ミシェルは、朝昼晩全ての時間帯で全く違った姿を魅せてくれます。

そしてその光景は間違いなく一生忘れられない光景となるということを断言します。

休暇の少ない日本人ですが、いくら時間がないといえども、必ず一泊することをオススメします。

 

また、TGVの予約は早めに!と促した上でこういうことをお伝えするのもおかしな話ですが、絶景を観るためにはお天気はかなり大事な要素です。

TGVの予約開始が3ヶ月前ですが、3ヶ月先のお天気なんて分からないよ!という感じなのですが、その辺の判断は慎重にしてください。

なお、モン・サン=ミシェルで宿泊される方は、オススメホテルを別記事で紹介していますので、そちらも参考にしていただければ幸いです。

参考:モンサンミッシェルでは島内・対岸どちらに泊まる?【ホテル選び】

素晴らしい絶景に出会えることを願っています♡