東ヨーロッパ:オススメのクリスマスマーケット8選

ヨーロッパの冬といえば、クリスマスマーケットですよね。

 

今年は去年に引き続き、コロナの影響もあり恐らくヨーロッパのクリスマスマーケットに日本から行く方はほぼほぼいないかと思いますが…

私は、毎年クリスマスマーケットを楽しみにしているタイプなのです。

 

この記事では、恐らく今年はお役に立たないであろう、ヨーロッパのお勧めクリスマスマーケットをいくつか紹介したいと思います。

 

 

来年、再来年のクリスマスの計画にいかがでしょうか。

 
東ヨーロッパ:オススメのクリスマスマーケット8選
 

f:id:lifeishappy_right:20211007174040p:plain

東ヨーロッパ:オススメのクリスマスマーケット8選

クリスマスマーケット:Christmas market

クリスマスマーケットは、ドイツやオーストリアが発祥とされていて、ヨーロッパの各都市の広場で毎年クリスマスシーズンに行われ、「Christkindlmarkt」としても知られている、アドベント(Advent:イエス・キリストの降誕を待ち望む期間)の4週間のお祝いに関連するストリートマーケットです。

 

「クリストキント(Christkind)」は、主にドイツ南部、オーストリア、スイス、ハンガリーなどに伝わるクリスマスの天使のことで、サンタクロースと同じような役割をもつと言われています。

 

発祥の説が、ドイツやオーストリアに分かれている理由は、「クリスマスマーケット」として開催されたのは、1434年にドレスデンで開催されたものが初めてとなっており、その前の1298年に、オーストリアで「12月の市場」として開催されたマーケットが発祥という説もあるからです。

その後、ドイツ系の移民が各地へ広めたといわれています。

歴史上の起源論争はどこも色々ありますね。

 

ヨーロッパの大小あらゆる町の広場で開催されているクリスマスマーケットでは、伝統的な歌や踊りを伴って、多数の露店が出店されていて、クリスマスマーケット名物のホットワインやホットチョコレート、季節の商品(土産物)が販売されています。

 

MEMO

東中央及び、南東ヨーロッパでは、ハプスブルク家(Habsburg-Monarchie)の君主制が終生して以来、クリスマスマーケットの伝統は急激に衰退しているそうです。

 

東ヨーロッパ:お勧めクリスマスマーケット【ブダペスト(ハンガリー)】

f:id:lifeishappy_right:20201009002659j:image

 

「ドナウの真珠」と称されているほど美しい街:ブダペストの夜景は、何時間でも見ていられるほど美しいものです。

 

ブダペストは、観光インフラも比較的整っていて、初心者にも旅行がしやすい場所に鳴っています。

 

 

ブダペスト:オススメのクリスマスマーケット

ブダペストでは、2つの主要なクリスマスマーケットがあり、町のあちこちで小さなクリスマスマーケットが開催されています。

 

ブダペストの中でも最も古くからあり、最も観光客の多いクリスマスマーケットが「ヴェレシュマルティ広場(Vörösmarty tér)」です。

そして、「聖イシュトヴァーン大聖堂広場(Szent István tér)」でも、規模の大きなクリスマスマーケットが開催されています。

 

 ◆ ヴェレシュマルティ広場(Vörösmarty tér)

 ◆ 聖イシュトヴァーン大聖堂広場(Szent István tér)

 

 

開催期間 2021年11月19日~2022年1月2日(予定)

 

特徴
 

ブダペストでは、ヨーロッパで最も美しいと称されているクリスマスマーケットが開催されています。

 

ブダペスト最大のクリスマスマーケットは、ヴェレシュマルティ広場で行われているものですが、比較的新しい聖イシュトヴァーン大聖堂広場で開催されているクリスマスマーケットでは、ヨーロッパ最大の3Dショーが行われていて、とても煌びやかで印象的なクリスマスマーケットです。

 

ハンガリー伝統のスイーツ「キュルテーシュカラーチ(kürtőskalács:チムニーケーキ)」や、食欲をそそるハンバーガー、焼き栗や魚料理など、季節のハンガリー料理などが楽しめます。

 

クリスマスツリーを囲むスケートリンクもあり、大人も子どもも楽しむことができます。

 

公式サイト:Adventi Ünnep a Bazilikánál

 

ブダペスト:合わせて行きたい場所

 

 ◆ 国会議事堂(Országház)

 ◆ セーチェーニ鎖橋(Széchenyi Lánchíd)

 ◆ 漁夫の砦&王宮の丘からの絶景(Halászbástya)

 

 

ブダペストは、クリスマスマーケットに限らず多くの見所がある都市です。

特に夜のブダペストは、本当に美しいの一言です。

 

東ヨーロッパ:お勧めクリスマスマーケット【ポズナン(ポーランド)】

ファイル:BetlejemPoznan.jpg

 

ポズナン(Poznań)は、ポーランド西部に位置する、ポーランド最古の都市の一つで、中世ポーランド王国の最初の首都(1290~1296年)です。

 

ポーランドの主要都市より、ドイツのベルリンからの方が近く、ドイツ旅行と合わせて訪れることもできます。

 

ポズナン:オススメのクリスマスマーケット

ポズナンでクリスマスマーケット(Betlejem Poznańskie)が始まったのは2000年とごくごく最近ですが、ポズナンがクリスマスマーケットを開催するようになってからは、ヨーロッパで最高のクリスマスマーケットのトップに常にランクインするようになりました。

 

 ◆ 旧市場広場(Stary Rynek)

 

 

開催期間 2021年11月27日~2021年12月23日(予定)

 

特徴
 

ポズナンのクリスマスマーケットは、アドベントの到来で始まり、毎年12月23日まで開催しています。

 

オールドマーケットスクエアに開設された大きなステージで、コンサートや芸術的なイベントが開催されています。

 

クリスマスマーケットには、ポーランドの伝統的な料理や、ホットワインなど、クリスマスには欠かせない食事にはじまり、伝統工芸品や手作りの商品などが露店で数多く販売されています。

小さいですが観覧車も設置されていました。

 

また、国際氷像フェスティバル(Międzynarodowy Festiwal Rzeźby Lodowej)が開催されていて、プロの氷彫刻家が世界中から集まり、僅かな時間で氷のブロックから様々な形の彫刻が作られていきます。

日本からの参加もあります。

 

ポズナン:合わせて行きたい場所

 

 ◆ 旧市場広場(Stary Rynek)

 ◆ ポズナン市庁舎(Ratusz w Poznaniu)

 ◆ ポーゼン城(Zamek Cesarski)

 

ファイル:StaryRynekPoznań.jpg

 

コンパクトな町の中に、歴史的建造物やアールヌーボー様式の建物、モニュメントなど、ヨーロッパならではの魅力的な街並みが広がっています。

私はベルリンから行きました。

 

 東ヨーロッパ:お勧めクリスマスマーケット【トリビシ(ジョージア)】

f:id:lifeishappy_right:20210825111138p:plain

 

ヨーロッパ最後の秘境といわれるジョージアの首都、トビリシ(თბილისი)。

 

ジョージアの元々ソビエト連邦の構成国の一つでしたが、1991年に独立し、元々の国名「グルジア」から「ジョージア」に変更されました。

ノマドワーカーにとって人気都市の一つです。

関連記事:デジタルノマドビザ:余暇を楽しみながら働くワーケーション【ジョージア】

 

トビリシ:オススメのクリスマスマーケット

トリビシのクリスマス期間中は、街中がお祭りムードで、カラフルにライトアップされた町並みが、訪れた観光客を陽気なムードにさせてくれます。

歩道の至るところに、無数のライトと豪華な装飾が施されたクリスマスツリーが並んでいます。

 

 ◆ バラ革命広場(ვარდებისრევოლუციისმოედანი)

 

 

開催期間 2021年12月25日~2022年1月14日(予定)

 

特徴
 

トリビシでは、町の隅々でクリスマスマーケットが開催されていて、地元の起業家や新興企業が出店して、ホットワインや屋台フード、クリスマスのお菓子などを提供しています。

また、手工芸品や、クリスマスマーケットならではのお土産なども充実しています。

ジョージア名物「チュルチヘラ(ჩურჩხელა)」の形をしたキャンディも有名です。

 

毎年恒例のクリスマスイベントはバラ革命広場で行われ、劇場ショーにはじまり、ミュージックイベント、人形劇、野外シネマなど様々なイベントが盛りだくさんです。

 

また、豪華なクリスマスツリーや、カラフルなライトで装飾された屋台など、あらゆる年齢層の方が楽しめるクリスマスマーケットになっています。

 

トビリシ:合わせて行きたい場所

 

 ◆ ナリカラ要塞(ნარიყალა)

 ◆ スヴェティツホヴェリ大聖堂(სვეტიცხოვლის საკათედრო ტაძარი)

 ◆ 温泉街(გოგირდის აბანოები)

 

ファイル:ナリカラ要塞、トビリシ、Georgia.jpg 

旧市街にある東方正教会、アールヌーボー調の建物、ソビエト連邦のモダニズムの建造物など、ペルシャやロシアの支配下に置かれていたジョージアの複雑な歴史を反映しています。

 

東ヨーロッパ:お勧めクリスマスマーケット【プラハ(チェコ)】

 

世界中のインフルエンサーの間でも大人気で、チェコ共和国最大の都市:プラハ(Praha)。

プラハの歴史地区は1992年に世界遺産に登録されています。

参考:Historic Centre of Prague - UNESCO World Heritage Centre

 

プラハ:オススメのクリスマスマーケット

毎年旧市街広場で開催されるクリスマスマーケットは、チェコ最大のクリスマスマーケットであり、世界中から数十万人の観光客が訪れるクリスマスマーケットになっています。

 

 ◆ 旧市街広場(Staroměstské náměstí)

 

 

開催期間 2021年11月27日~2022年1月2日(予定)

 

特徴
 

旧市街広場に数十の木製の屋台があり、典型的なクリスマス商品や、伝統的なチェコの吹きガラスのボール、ガラスの真珠や藁で作られた製品、手作りの刺繍製品などが販売されています。

 

クリスマスマーケットでは外せないホットワイン、チェコ特製のクリスマスビスケット、温かい栗、ジンジャーブレッドビスケット、そして典型的なチェコのグリルソーセージや串焼き料理を味わうことができます。

 

旧市街広場のクリスマスマーケットは、高さ20mを超えるクリスマスツリーがあり、長い間世界で最も美しいクリスマスマーケットの一つとして評価されています。

 

また、旧市庁舎の塔から見下ろす旧市街広場は、歴史的な旧市街広場の独特な雰囲気を味わえます。

インスタ映え間違いなしの場所です。

 

プラハ:合わせて行きたい場所

 

 ◆ カレル橋(Karlův most)

 ◆ プラハ城&火薬塔(Pražský hrad&Mihulka)

 ◆ プラハの天文時計(Staroměstský orloj)

 

 

その他、たくさんの中世からの建物が残った可愛らしい町のプラハも見所満載の場所です。

何日か滞在してゆっくり観光してくださいね。

 

東ヨーロッパ:お勧めクリスマスマーケット【グダニスク(ポーランド)】

f:id:lifeishappy_right:20201009002706j:image

 

グダニスク(Gdańsk)は、ポーランド北部にあるバルト海の沿岸にある港湾都市で、クラクフと並び美しい町として有名な都市です。

 

グダニスク:オススメのクリスマスマーケット

グダニスクで最もオススメのクリスマスマーケットは、グダニスクの旧市街にあります。

 

 ◆ タルク・ベングロビ市場(Targ Węglowy)

 

 

開催期間 2021年11月22日~2022年1月2日(予定)

 

特徴
 

グダニスクの歴史的中心部、旧市街に位置するタルク・ベングロビ市場のクリスマスマーケットは、ホットワインにホッとサイダーなどの飲み物に、ポーランド料理を始め、ハンガリー、ギリシャ、スペイン、トルコなどの世界各国の料理が楽しめることでも有名です。

 

クリスマスマーケットでは欠かせない、マグカップで飲むホットカクテルを試して、マグカップをお土産に持ち帰るのも素晴らしい思い出の一つになります。

 

また、多くの装飾品に、手作りのジュエリー、子どもの玩具など様々な露店が出店されています。

 

公式サイト:Strona Główna - Wirtualny Jarmark Bożonarodzeniowy

 

グダニスク:合わせて行きたい場所

 

 ◆ ドゥーギ広場(Długi Targ)

 ◆ グダニスク旧市街

 ◆ 第二次世界大戦博物館(Muzeum II Wojny Światowej)

 

ファイル:Gdańsk、DługiTarg(HB1).jpg

 

第二次世界大戦の始まりの場所であるグダニスク。

 

私たち日本人とは違った第二次世界大戦を学ぶことも、素晴らしい旅行の一つとなるでしょう。

 

東ヨーロッパ:お勧めクリスマスマーケット【クルジュ=ナポカ(ルーマニア)】

f:id:lifeishappy_right:20201009162847j:plain

 

クルジュ=ナポカ(Cluj-Napoca)は、2000年以上の歴史を持つことから、「トランシルヴァニアの中心(Inima Transilvaniei)」「宝の都市(Oraşul Comoară)」などと呼ばれています。

 

古い建物、石畳の広場、狭い小さな通りが、中世の魅力を存分に感じさせてくれる町です。

 

クルジュ=ナポカ:オススメのクリスマスマーケット

クルジュ=ナポカでオススメは、中央広場(Piața Unirii)に建てられた、トランシルヴァニアのゴシック建築の最も代表的なモニュメントであり、街の象徴でもある聖ミカエル教会(Biserica Sfântul Mihail)の前で開催されているクリスマスマーケットです。

 

 ◆ 聖ミカエル教会(Biserica Sfântul Mihail)

 

 

開催期間 2021年11月22日~12月31日(予定)

 

特徴
 

クルジュ=ナポカのクリスマスマーケットは、家族全員のお祝いを表現したクリスマスマーケットと言われています。

何となく、日本人には意味の分からない表現なんですが、雰囲気的には家族で訪れたいクリスマスマーケットです。

 

クリスマスマーケットの門をくぐると、壮大な聖ミカエル教会に守られた美しい光景が広がっていて、御伽噺のような世界が目の前に広がります。

 

マーチャーシュ1世(Matia Corvin:ハンガリーの王)の像の周りにスケートリンクが設けられていて、スケートを楽しむことができます。

 

クルジュ=ナポカ:合わせて行きたい場所

 

 ◆ ウニリイ広場(Piața Unirii)

 ◆ メトロポリタン大聖堂(Catedrala Mitropolitană)

 ◆ 城塞の丘(Cetățuia Park)

 

ファイル:ルーマニア-2382-ホテルからの眺め(7794313314).jpg

 

とても小さな町なので、全てを観光するのに一日もかかりません。

ぜひクリスマスマーケットと合わせて中世の街並みを堪能してください。

 

東ヨーロッパ:お勧めクリスマスマーケット【ノヴィ・サド(セルビア)】

f:id:lifeishappy_right:20201009002812j:image

 

ヴォイヴォディナ自治州(Војводина)の州都として栄えるノヴィ・サド(Нови Сад)は、セルビアで2番目に大きな都市です。

 

1694年に設立されてから長い間、セルビア文化の中心であったことから、セルビアのアテネ(Српска Атина)と呼ばれているそうです。

 

ノヴィ・サド:オススメのクリスマスマーケット

ノヴィ・サドで最も歴史のあるクリスマスマーケットは、街の主要な広場であるリバティスクエア(Трг слободе)で開催されています。

 

 ◆ リバティスクエア(Трг слободе)

 

 

開催期間 2021年11月19日~12月30日(予定)

 

特徴
 

ヴォイヴォディナ自治州の州都であるノヴィ・サドのクリスマスマーケット(Winterfest)は、セルビア国内で最初に開催された最も歴史のあるクリスマスマーケットです。

 

ヴォイヴォディナ中の子どもと大人の合唱団が毎日演奏していて、ヴォイヴォディナ自治州には6つの公用語があり、10の異なる言語(セルビア語・ハンガリー語・スロバキア語・ルーシ語・クロアチア語・ラディン語・イディッシュ語・英語・ドイツ語・ロシア語)で歌われています。

 

公式サイト:NS Winter Fest - TONS

 

クルジュ=ナポカ:合わせて行きたい場所

 

 ◆ ペトロヴァラディン要塞(Петроварадинска тврђава)

 ◆ フルシュカ・ゴーラ国立公園(Национални парк Фрушка гора)

 ◆ ドゥナフスカ通り(Дунавска улица)

 

ファイル:Петроварадинскатврђава001.jpg

 

ペトロヴァラディン要塞からは、市内中心部を見渡せる絶景の場所があるので、ノヴィ・サド旅行のハイライトに最適の場所です。

 

東ヨーロッパ:お勧めクリスマスマーケット【ブラチスラバ(スロバキア)】

f:id:lifeishappy_right:20201009002742j:image

 

1993年にチェコとの連邦制を解消して、一つの主権国家となったスロバキアの首都:ブラチスラバ。

 

町の中心には、旧市街が美しく保存されています。

 

ブラチスラバ:オススメのクリスマスマーケット

ブラチスラバで最も有名なメイン広場で開催されるクリスマスマーケットが、ブラチスラバ最大のクリスマスマーケットです。

ブラチスラバのメイン広場に日本大使館があります。

 

 ◆ メイン広場(Hlavnénámestie)

 

 

開催期間 2021年11月23日~12月23日(予定)

 

特徴
 

市内中心部にあるメイン広場で開催されるクリスマスマーケット。

 

スロバキアのお菓子?料理?「ロクシェ(Lokša)」は、ジャガイモで作られたクレープで、スロバキアでは人気のスイーツでクリスマスマーケットでは定番になっているそうです。

 

また、「プンチュ(Punč)」という、ワインに果汁、砂糖、果実、ラム酒とスパイスを加えて温めたホットワインが定番ですので、ぜひ試してみてください。

 

ブラチスラバ:合わせて行きたい場所

 

 ◆ ブラチスラバ城(Bratislavský hrad)

 ◆ チュミル像(Čumil)

 ◆ ミハエル門(Michalská brána)

 

ファイル:BratislavaCityscape.jpg

 

とてもコンパクトな町で、一日で充分に堪能できる町で、オーストリアのウィーンから60kmほどしか離れていないので、日帰りでもいける場所です。

私はハンガリーのブダペストから日帰りで行きました。

 

ただ、クリスマスマーケットは夜がオススメなので、一泊してもいいかもしれません。

 

最後に…

ヨーロッパの都市では、大小様々なクリスマスマーケットがあり、ここには取り上げていないクリマスマーケットも多数あります。

 

日本のクリスマスとは違って、本当にクリスマスの時期はヨーロピアンにとって特別な季節なんだな…ということを感じます。

 

また、今回は東ヨーロッパを取り上げたのですが、東ヨーロッパは比較的物価も安く、移動も長距離バスや電車など、ありえないほど安く移動できるので、時間がある方はいくつかの国を跨いで、クリスマスマーケットツアーを楽しむのもオススメです。

関連記事:ヨーロッパの格安バス「FLiXBUS(フリックスバス)」:予約から乗車まで徹底ガイド

 

また、それぞれのクリスマスマーケットでマグカップに入ったホットワインを売っているのですが、かわいいマグカップに釣られて多くのクリスマスマーケットでホットワインを飲むと、日本に持って帰るとき大変ですのでお気をつけください(笑)

カワイイからつい買っちゃうんですよね♡